(TinyPng) 画像サイズをドラッグ&ドロップ するだけで圧縮してくれるサイト

tiny-png

画像をドラッグ&ドロップするだけで簡単に圧縮してくれるサイト「TinyPng」

URLリンク:『https://tinypng.com

 

画像サイズ(容量の方)を、ドラッグ&ドロップするだで簡単に圧縮してくれるwebサイト「TinyPng」を紹介

いかにも海外って感じのデザイン

 

直訳で「小さなPng」だが、JPEGも圧縮可能(PNGほどサイズは落ちないが)。

 

PNG画像なら平均で50% 〜70%、JPEGでも平均で30% 〜40%くらいはサイズ容量を圧縮してくれるので、画像サイズが大きくて困る人はぜひ使ってみてほしい。

当ブログも挿絵の容量が大きく、表示速度に影響が出るかなと判断したものに関しては、よく使わせていただいている。

 

TinyPngの使い方

使い方は簡単

画像を画面中央の点線内部にドラッグ&ドロップするだけ。

 

すると一瞬で圧縮が終わり、中央に「Finished」と表示される。

となりの「download」と書いてあるリンクを押すと圧縮後の画像がダウンロードできる。

今回のPNG画像は77%の圧縮がされた

 

左が圧縮前、右が圧縮後。サイズが全然小さくなった。

 

画像の容量が多いのは、自分みたくwebサイトを運営している人にとって、画像の表示速度が遅くなってあまり好ましくない

いずれにしろ、画像の容量は削っておいて損がないのであれば、このサイトを思い出してぜひ削ってほしい。

 

余談:圧縮技術のアルゴリズムを調べてみた

余談だが、「画像の容量の圧縮ってやるとしたらどうやるんや?」と気になって調べてみたところ、面白かったので小言して紹介させてほしい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

画像ファイルは「データ」である。

こういう写真系のデータは16進数という、0〜9とA〜Fのデータの組み合わせで記録されていて、そいつらがその法則に則り、我々の目に映る画像ファイルとして画面に表示されている。

つまり、もともとの記録(0〜9とA〜Fの組み合わせ)を効率よく記録できれば、ファイルの容量を小さくできるよね!ってことである。

 

例えば、「0000000000777777777777777AAA」というデータ、これは

「0×10個, 7×15個, A×3個」みたいな記録の仕方ができそうだ。

 

これはわかりやすく書いた例だが、上記のように、

「表示される結果が変わらなければ、記録の仕方が短い方が良いよね」

みたいなアルゴリズムが主流らしい。。

 

 

記事が気に入った方はシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。