(仕事) エンジニアとして痛感した「良い質問」と「悪い質問」の話

 

今回はITエンジニアとして大事だと感じた、「良い質問」ってものが何か共有したい。
反対に「悪い質問」ってのがどんななのかも紹介したい。

ちなみに筆者は経歴は1年半ぐらい(執筆当時)。

 

記事の経緯

筆者はSEとして、あまり優秀でない。
主観でしかないが、要領は良い方ではないし、新卒の研修でも成果としては、下から数えた方が断然早かった。

そんな自分に、「分からないことがあったら気軽に質問してね!」という上司の言葉(テンプレ)。筆者はこの言葉を鵜呑み。自分でよく考えもせずアホな質問をホイホイする。

結果、優しかった先輩には呆れられ、厳しめ上司の地雷は毎回スイッチON。怒られる。
質問するのがもう怖くなってしまった時期があった

このままではイケナイと思い、

自分の何が行けなかったのか、何か改善できる点はないかと、色々と工夫をしてみた結果、いくつかのポイントを押さえることで、質問の質が改善され、それに伴いコミュニケーションの改善に繋がった気がするので、シェアしたい。

 

悪い質問その① 「質問丸投げ」

質問丸投げ
  • 「〇〇ってなんのことですか??」
  • 「〇〇を教えてください」
  • 「なんか〇〇ってエラー出ちゃってるんですが」

 

、、「思考停止」!。

これは本当にやってはならない。本当にダメ、絶対。
が、駆け出し時期の方はやってしまいがちだと思う。自分も死ぬほどやってしまった。

なぜこのような質問の仕方をしてしまうのか、理由はこの質問の仕方の何がいけないの分かっていないからだ。このタイプは、本人は自分が悪いことに気づいていない。

なので、まずは、この質問の仕方悪いことなんだという自覚を持つことと、なぜ悪いのかを理解する必要がある。何がいけないか説明していく。

 

何が分からないのか分からない

「〇〇ってなんのことですか??」

情報量が少ない質問。
これは相手からすると、

もやっとポイント
  • 「何をしてそうなった?」
  • 「考えられるパターンはいくつか思い浮かぶけどな、、」
  • 「どこまで理解できているんだろう」

 

など、情報量が少ない分、多くのことを想像してしまう。
どんなにベテランの人でも、いやベテランの人ほど色んな可能性が見えてしまい、逆に熱量を要する。

つまり、こいつ何が分からないんだ状態になる。
この瞬間から相手はストレスが発生する

結局、「どうしてそうなったの?」という一手を挟まなければならず、相手の時間も、思考回路も一瞬で奪う結果になる。何一つ良いことがないので、絶対にやめよう。

 

自分で解決する気ねーなこいつと思われる

印象の話。

「なんか〇〇ってエラー出ちゃってるんですが」

情報の少ない上記のような質問の悪いところは、
「こいつ自分で解決しようって気はないのかな」と思われてしまうことだ。
たとえ自分が本当にわからなかったことであってもだ。

言われた側が感じるのは「問題解決を丸投げされた」気分だ。
これが本当に良くない。

どんなに心の広いエンジニアでも、この気持ちは少なからず感じるのだろう。
エンジニアはエラーと戦うのが当たり前の世界なので、
「まずは自分ググってみたのかよ」と言いたくなるケースが多いようだ。

考えるより先に「教えて!教えて!」というのは、本当に印象が悪い。

 

悪い質問② 「結論最初に言わないマン」

「〇〇したらこうなって、そのときあーしてこーして、いやこう思ってたんですけどそれで、、、」

聞いててイライラしてくる「言いたいこと思い浮かんだ順番のまま話すマン」。
これも、聞き手の気持ちを考えていない典型。

 

結論が分からない話は聞いてて不快

結論は最初に言おう。

話のゴールがや着地点のわからない話を聞いているとき、聞き手には大きなストレスがかかる。
相手の要点を予想しながら聞かなければならないからだ。

 

じゃあどうするのか「良い質問」

上記を踏まえて、自普段質問するときに気をつけるべきことは何かシェア。
特別、頭の良いことをしろということはない。
筆者が、業務で「これは良いな」という実感を得たものだけだ。

 

①何についての質問かまず述べよう

「〇〇についての質問なんですが」

最初に何に関しての質問なのか、ザックリでいいので伝えよう。
メールで言えば件名みたいなものだ。
相手もスタート位置が分かるだけで、ストレスなく聞く体制に入ってくれる。

いきなり「ここが〜〜で〇〇で、、」って話し始めるのは良くない

 

②何が分からないか、結論を「明確」に伝えよう

結論は「明確に」伝えたほうが良い。

「〇〇がわからないです」よりは、
「〇〇の時の△△の意味が理解できません。」

当たり前だが後者の方が聞き手は「あーその話ね」となんとなく結論だけで答えを予想できる。
と言うかここで大体分かってくれることが多い。

 

③自分の考えも交えつつ、経緯を説明しよう

「〇〇だと考えて、△△を行った結果、今の状況になってしまいました。」

経緯を述べよう。

紙にフローを書く、要点ごとにまとめる、など相手が状況を理解しやすい何かを準備した方が絶対に良い。要点を整理して落ち着いて話そう。

あとは「自分の考え」も交えよう。
ここは賛否両論あると思うのだが、自分は交えた方が良いと思っている。
理由を述べる。

 

理由①「自分でちゃんと考えている」感が相手に伝わる。

悪い質問のところでちょろっと触れたが、聞き手は「解決を丸投げされた」と感じると激しい憤りを感じると自分は思っている。つまり、質問する時は「自分はこう考えた結果」と言う部分を伝えてあげることで、それがたとえ間違っていても、「考えて間違うならば、仕方ない」と言う気になるはずだ。どんな上司も人なので、まずはそれなりに筋が通ってるかを気にするものだ。

理由② 自分の考え方にも問題がなかったかどうか、上司に精査してもらえる

業務経験が未熟なうちは、判断のベクトルそのものが誤っているケースも多い。
恥ずかしがらずに自分の考えを伝えて、何が間違っていたのかを洗い出そう。

 

 

上記以外にもできること

上記以外でも普段から心がけることで、良い方向に繋がったと実感したことを紹介する。

 

メモを取ろう

とにかく「わからない!」と思ったら、一歩踏み込んでしまう前に立ち止まろう。
メモ帳なり、テキストエディタなりに、自分が考えたことや、これまでの過程を書き出そう

頭ではそれくらい理解していると思っていることでも、以外と自分のワーキングメモリを過信しているだけで、整理できた瞬間に閃くなんてことが結構ある。

また、上司に突然「何かわからないことある?」と聞かれたときに、そのメモがあれば
「はい、〇〇と考えて今ここで詰まっているんですが、、」瞬時に答えることができる。

考えていることが伝わるので、印象も良いまま状況を伝えることができる

 

話す内容を何度か練習しよう(心の中でOK)

質問が下手だなあ、うまく話せないなあと自分で感じる人は、何度か心の中でリハーサルしてから質問するのをお勧めする。理由は二つ。

理由① 質問の質が向上する

考えているのと話すのとでは全然違うので、心の中でも良いので、事前に質問のリハを行うこと。一回でも大分違うと思う

理由② スムーズに質問でき、相手の時間を奪わない

質問すると言う行為は相手の時間を奪う作業だ
1分1秒でも、相手への負担を減らす努力は、自分の中でやりきってから質問してほしい。

 

終わりに

散々えらそうなことを書いてきたが、上記悪い例は筆者はすべて経験したこと。
少しでも参考になれば、嬉しい

 

記事が気に入った方はシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。