(漫画ブログ) ファイヤー「にらみつける」の謎に迫る

ファイヤーにらみつけるなぜサムネ
ファイヤーにらみつけるなぜ漫画画像

 

「ファイヤーはにらみつけるを覚えたい!」ッファ!?

ファイヤーはポケモンファンならば、一度は
にらみつける」と言う技にまつわる話を聞いたことがあるかもしれない。

その元ネタは初代(赤緑青)においてのレベルアップ技。

Lv.50で捕獲できる初代伝説の三鳥たち。
こいつらはレベルが1上がったLv.51でさっそく新しい技を覚える。

  • フリーザー:ふぶき
  • サンダー :かみなり
  • ファイヤー:にらみつける ←??

 

ファ??、何で???
ポケモンといえど第一作目な訳で、まだまだ謎設定が多かった時代ではあったが、このふぶきかみなりときて「にらみつける」の設定だけは「さすがにおかしいだろ」と言うことで反響があった。

 

なぜファイヤーは「にらみつける」を覚えることになったのか?

少なくとも「意図的」であるとは考えづらい。

「ふぶき」「かみなり」ときて「にらみつける」が同格に並ぶのはいくら何でもおかしいだろう。

つまり、「何らかの手違いでそうなったのだ」とまずは仮定した。
その何かが必ずあるはずと思い調べてみた結果有力な説が一つ浮かんできた。

サンダーファイヤーフリーザーの覚える技の比較画像

 

本当は「かえんほうしゃ」のはずだった?

結論から言ってしまうと、ファイヤーが本来レベル51で覚えるはずだった技は、
「かえんほうしゃ」と言う説が最も有力そうだ。

「へ??だいもんじじゃないの?」と思った方、それに対しても理由があるのでご安心を。

 

鍵は技の「内部コード」

内部コード、聴き慣れない名前だ。

それもそのはず、内部コードとは、ゲームのストーリー上では出てこないが、ゲームの開発に使う内部データとして使われているコードのことだからだ。一つの技に一つのコード(識別のための番号)が割り振られている。

1 はたく
2 からてチョップ
3 おうふくビンタ
4 れんぞくパンチ
5 メガトンパンチ
6 ネコにこばん
7 ほのおのパンチ
8 れいとうパンチ
9 かみなりパンチ
10 ひっかく
11 はさむ
12 ハサミギロチン
13 かまいたち
14 つるぎのまい
15 いあいぎり
16 かぜおこし
17 つばさでうつ
18 ふきとばし
19 そらをとぶ
20 しめつける
21 たたきつける
22 つるのムチ
23 ふみつけ
24 にどげり
25 メガトンキック
26 とびげり
27 まわしげり
28 すなかけ
29 ずつき
30 つのでつく
31 みだれづき
32 つのドリル
33 たいあたり
34 のしかかり
35 まきつく
36 とっしん
37 あばれる
38 すてみタックル
39 しっぽをふる
40 どくばり
41 ダブルニードル
42 ミサイルばり
43 にらみつける
44 かみつく
45 なきごえ
46 ほえる
47 うたう
48 ちょうおんぱ
49 ソニックブーム
50 かなしばり
51 ようかいえき
52 ひのこ
53 かえんほうしゃ
54 しろいきり
55 みずでっぽう
56 ハイドロポンプ
57 なみのり
58 れいとうビーム
59 ふぶき
60 サイケこうせん
61 バブルこうせん
62 オーロラビーム
63 はかいこうせん
64 つつく
65 ドリルくちばし
66 じごくぐるま
67 けたぐり
68 カウンター
69 ちきゅうなげ
70 かいりき
71 すいとる
72 メガドレイン
73 やどりぎのタネ
74 せいちょう
75 はっぱカッター
76 ソーラービーム
77 どくのこな
78 しびれごな
79 ねむりごな
80 はなびらのまい
81 いとをはく
82 りゅうのいかり
83 ほのおのうず
84 でんきショック
85 10まんボルト
86 でんじは
87 かみなり
88 いわおとし
89 じしん
90 じわれ
91 あなをほる
92 どくどく
93 ねんりき
94 サイコキネシス
95 さいみんじゅつ
96 ヨガのポーズ
97 こうそくいどう
98 でんこうせっか
99 いかり
100 テレポート
101 ナイトヘッド
102 ものまね
103 いやなおと
104 かげぶんしん
105 じこさいせい
106 かたくなる
107 ちいさくなる
108 えんまく
109 あやしいひかり
110 からにこもる
111 まるくなる
112 バリアー
113 ひかりのかべ
114 くろいきり
115 リフレクター
116 きあいだめ
117 がまん
118 ゆびをふる
119 オウムがえし
120 じばく
121 タマゴばくだん
122 したでなめる
123 スモッグ
124 ヘドロこうげき
125 ホネこんぼう
126 だいもんじ
127 たきのぼり
128 からではさむ
129 スピードスター
130 ロケットずつき
131 とげキャノン
132 からみつく
133 ドわすれ
134 スプーンまげ
135 タマゴうみ
136 とびひざげり
137 へびにらみ
138 ゆめくい
139 どくガス
140 たまなげ
141 きゅうけつ
142 あくまのキッス
143 ゴッドバード
144 へんしん
145 あわ
146 ピヨピヨパンチ
147 キノコのほうし
148 フラッシュ
149 サイコウェーブ
150 はねる
151 とける
152 クラブハンマー
153 だいばくはつ
154 みだれひっかき
155 ホネブーメラン
156 ねむる
157 いわなだれ
158 ひっさつまえば
159 かくばる
160 テクスチャー
161 トライアタック
162 いかりのまえば
163 きりさく
164 みがわり
165 わるあがき
166
167
168
169
170
171
172
173
174
175
176
177
178
179
180
181
182
183
184
185
186
187
188
189
190
191
192
193
194
195
196 ひでんマシン01
197 ひでんマシン02
198 ひでんマシン03
199 ひでんマシン04
200 ひでんマシン05
201 わざマシン01
202 わざマシン02
203 わざマシン03
204 わざマシン04
205 わざマシン05
206 わざマシン06
207 わざマシン07
208 わざマシン08
209 わざマシン09
210 わざマシン10
211 わざマシン11
212 わざマシン12
213 わざマシン13
214 わざマシン14
215 わざマシン15
216 わざマシン16
217 わざマシン17
218 わざマシン18
219 わざマシン19
220 わざマシン20
221 わざマシン21
222 わざマシン22
223 わざマシン23
224 わざマシン24
225 わざマシン25
226 わざマシン26
227 わざマシン27
228 わざマシン28
229 わざマシン29
230 わざマシン30
231 わざマシン31
232 わざマシン32
233 わざマシン33
234 わざマシン34
235 わざマシン35
236 わざマシン36
237 わざマシン37
238 わざマシン38
239 わざマシン39
240 わざマシン40
241 わざマシン41
242 わざマシン42
243 わざマシン43
244 わざマシン44
245 わざマシン45
246 わざマシン46
247 わざマシン47
248 わざマシン48
249 わざマシン49
250 わざマシン50
251 わざマシン51
252 わざマシン52
253 わざマシン53
254 わざマシン54
255 わざマシン55

 

長くてゴメンww。

で、問題の「にらみつける」と「かえんほうしゃ」の内部コードを比べてみる

43 にらみつける
53 かえんほうしゃ

 

うん、近い。
つまり!、このコードを間違えてデータとして入力しちゃったんじゃないの??と言うのが結論だ。

「おいおいww、打ち間違いとかさすがに根拠薄過ぎだろwwwてか大文字どこいったwww」と思った方のために、もう少し根拠を述べる。

 

だいもんじはそもそも候補外

おっと、どう言うこと?候補外って?

yes、yes、それはつまり「レベルアップ技としてそもそもだいもんじは覚えられない設定だった」と言うことデース。なぜなら「ジムリーダーからもらえる技マシンの技はレベルアップで覚えれるポケモンいない」からネー(マチス風)。

どう言うことかと言うと、「がまん(ニビジム)」とか「バブルこうせん(ハナダジム)」とか、ジムリーダーからもらえる技マシンの技をレベルアップで覚えれるポケモンと言うのはそもそも初代には存在しないのだ(正確に言うと金銀クリスタルまで。ルビサファからは普通に覚えるポケモンが出現する)。

たぶんだけど、当時開発側は「ジムリーダーからもらえる技=貴重な技=レベルでは覚えれるようにしちゃいけない」という設定があったんだろうね、

そんで、だいもんじ、ジムリーダーカツラさんを倒すともらうことができる。ってことでファイヤーが覚える技の候補からだいもんじが無くなるってのはここで決まる。

で当時、ほのお技でだいもんじの次に高火力ウェポンだった「かえんほうしゃ」になるはずだったが、データの入力をミスった結果、「にらみつける」になった

何となく納得いく筋になってきてはいないだろうか。

で、
実は「にらみつける」以外にもまだ上記の説で説明がつきそうな点が存在する。

それはサンダーの「ドリルくちばし」
普通なら、3匹とも「つつく」で統一すべきでは?

はいはい内部データ表、すると、、、

64 つつく
65 ドリルくちばし

んんwww
非常に怪しいwwww

 特にわざわざサンダーだけドリルくちばしになければならない規則性もないしなあ。

この説(打ち間違い)が本当だとすると、他のポケモンでも、コードの打ち間違いによる技間違いが全然ありそうなきがしてきた(気づいていないだけで)。

たぶんサンダーファイヤーフリーザーは、三鳥と言うその性質上比較されやすい。故に本件の問題(打ち間違い)が浮き彫りになっただけで、他の単体のポケモンでも本来覚えるべき技がすり替わっているなんてことが初代では往々にして発生しているのかもしれない。

 

小ネタ:バタフリーとモルフォンもすり替わっている説

一応、技のコードすり替えを肯定する根拠と言う訳ではないが、初代のデータがどれだけガバガバだったかを示す一例として、「バタフリーとモルフォン逆、説」がある

まずは通常の進化フロー

バタフリーモルフォン入れ違いの画像1

次にバタフリーとモルフォンを入れ替えた進化フロー

バタフリーモルフォン入れ違いの画像2

おおーーいwwww
完全にやらかしてるやろこれwwwww

コンパン→バタフリーの違和感のなさよ、、顔認証したら100%通るでこれ、、、。

結構これは有名な話なのだが、まあ何が言いたいかと言うと初代のデータ入力は間違ってやっちゃったんじゃないのwwwと言う部分が多いと言うことだ。

たぶん今よりもプログラムを組む技術も環境も発達していなかった時代だから、こう言った人為的なミスが起きやすかったんだろうなと推測している。

 

れいとうビームとゴッドバードはよく分からなかった。

同じく不釣り合いな技関係にある技のうち、れいとうビームとゴッドバードに関してはその理由が全く分からなかった。

 

終わりに

まあ良くも悪くも初代ポケモンと言うゲームはそのバグの多さから有名になったと言っても過言ではないくらい、バグが多いゲームであった。

つまり当時のキッズにとってポケモン初代のこの脇の甘い作り自体が色んな意味で思い出と言う訳だ。

ファイヤーのにらみつけるは別にバグではないが(笑)それに匹敵するくらいおかしな設定だったと言うことだろう。

 

以上、読んでくれてありがとう

はらちゃん

記事が気に入った方はシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。