CocoaPodsとは?導入手順を分かりやすく解説

 

本記事では、ios学習者向けに、CocoaPodsとは」と言う点について分かりやすく記事をまとめる。また、上記に伴い、CocoaPodsの導入手順についても詳しく説明していく。

 

この記事で分かること
  • CocoaPodsとは何か
  • CocoaPods導入手順

 

CocoaPodsとは?

CocoaPodsとは、簡単に言うと、依存管理マネージャのことだ。

CocoaPodsとは(引用)

CocoaPods is a dependency manager for Swift and Objective-C Cocoa projects. It has over 82 thousand libraries and is used in over 3 million apps. CocoaPods can help you scale your projects elegantly.

引用元(公式):https://cocoapods.org/

 

依存管理とは、簡単に言うと、ライブラリ間の「依存性」を管理してくれる機能のこと。

必要なライブラリが不足していないか、ライブラリのバージョンは正しいか、、など数あるライブラリの依存性を、勝手に解決してくれるツールと言うことだ。

 

ライブラリとは、ある特定の機能を持つプログラムをかき集めたものだ。
ライブラリは無数に存在するので、開発の際は、必要なライブラリを導入して開発を進める。

 

依存管理についての理解を深めるためには、以下の記事に依存管理を詳しくまとめてあるため、興味があれば一読して、理解を深めてほしいと思う。

 

簡潔にまとめると、CocoaPodsとは、以下のようなものになる。

CocoaPodsとは

CocoaPodsとは、簡単に言うと、依存管理マネージャのこと

 




CocoaPods導入手順

ではCocoaPodsが何かが理解できたところで、次に、
CocoaPodsの導入方法を早速紹介していく。

 

①gemを最新化する

まずは下記コマンドで、gemを最新化する。

sudo gem update --system

 

gemとは

gemとは、Ruby言語のパッケージ管理ツールのことだ。
CocoaPods自体がRuby言語で開発されているため、まずはgemの最新化が必要と言うわけだ。

 

gemを最新化した後は、次の手順で、gemを使って、CocoaPodsをインストールする。

 

②gemを使って、CocoaPodsをインストールする

次に、以下のgemコマンドで、CocoaPodsをインストールする。

sudo gem install cocoapods

 

もし、上記コマンドで、パーミッション関係のエラーが起きた場合は以下の記事を参考にして解決してほしい。実際に筆者もCocoaPodsインストールの際に起きたエラーだ。

 

CocoaPodsインストール後は、podコマンドを使用できるようになる。

which pod

#出力結果
/usr/local/bin/pod

 

これでCocoaPodsのインストールが完了した。

 

③リポジトリ情報のセットアップ

CocoaPodsをインストールした後は、以下のコマンドで初期設定を行う。

pod setup

 

④CocoaPodsのバージョン確認

必須ではないが、CocoaPodsがインストールされたことの確認の一環として、
以下のコマンドでバージョンを確認することができる。

pod --version

 

Podfileを作成する

Podfileとは

CocoaPodsは、Podfileと呼ばれるテキストファイルに、入れたいPodの情報を記載することで使うことが出来る。なので、CocoaPodsを使用する際はまずPodfileを作成する必要がある。

 

Podfileは、プロジェクトフォルダの直下に作成する必要がある。
そのため、まずはプロジェクトフォルダ直下に移動する。

cd プロジェクトフォルダ直下のパス

 

次にPodfileの作成を行う。
Podfileの作成は以下のコマンドで行う。

pod init

 

そうすると、Podfileが作成される。
作成されたPodfileには雛形があらかじめ記載されている。

参考までに、Podfileの中身は以下のようになっている(一部筆者が追記した部分もあるが、、)。Podfileのサンプル画像

 

※Podfileの書き方はここでは省略させてもらうので、必要に応じて調べてほしい。

 

⑥ライブラリをインストールする

次に、Podfileに記載した情報に基づいて、必要なライブラリをインストールする。
インストールするコマンドは下記。

pod install

上記コマンドで、Podfileに記載したライブラリをインストールする。

 

これでCocoaPodsによるPodのプロジェクトへのインストールが完了。
Podの動作に必要なframewrokなどをプロジェクトに追加してくれた状態となる。

 

以上で、CocoaPodsの導入手順の詳細は完了となる。

 

CocoaPodsプロジェクトを開くときの注意点

CocoaPodsを導入後、プロジェクトファイル内に「プロジェクト名.xcworkspace」というファイルが生成される。

今後、プロジェクトをXcodeで開く際は、作成された
「プロジェクト名.xcworkspace」ファイルを実行してプロジェクトを開く必要がある点に注意。
CocoaPods導入で作成された、プロジェクト名.xcworkspaceの画像

 

また、Xcodeで開くと、画面左側のNavigatorに「Pods」が追加されているはずである。

 

CocoaPodsのバージョンをアップデートする

Podのバージョンが上がった時などに、Podをアップデートしたい場合は、
以下のコマンドでpodのアップデートが可能。

pod update

上記コマンドでプロジェクト内部のPodのバージョンアップを行うことが出来る。

ただし、必ずプロジェクトのバックアップを取ってから行うようにしてほしい。
理由は、Podのアップデートが原因でバグを起こすことがあるからだ。

 

 

記事が気に入った方はシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。