(Power Shell) デバッグの仕方と、その時の注意点

power-shell-debug

 

Windows Power Shell ISEでデバッグしようとしたときに、
以外と詰まった点があったので、メモ。

Power Shell自体が何なのかと言うのがよく分からない方は、まずは下記記事を参考に。

 

Windows PowerShell ISE でのデバッグの仕方

power-shell-icon

Windows PowerShell ISEは、Windows標準のPower Shell用エディタだ。
デバッグする時の手順は下記のような手順になる。

Windows PowerShell ISEでのデバッグの仕方
  1. ブレークポイントを貼る
  2. プログラムを実行する
  3. 変数の中身を確認する

順に説明していく。

 

①ブレークポイントを貼る

まずはブレークポイントを貼る。
ブレークポイントとは、プログラムを実行する際、プログラム中の指定しておいたポイントで、プログラムを一時停止することができるポイントのこと。

break-point-image

Windows PowerShell ISEでは、ブレークポイントを、F9キー押下で貼ることができる。
貼った後は、貼った行の色が変わる。

↓貼る前

↓貼った後

 

②プログラムを実行する

ブレークポイントを貼ったら、次にプログラムを実行する。
プログラムを実行するには、F5を押下するか、画像赤枠の「スクリプトを実行」ボタンを押す。

 

③変数の中身を確認する

プログラムが実行されると、ブレークポイントを貼った行で処理が止まる。
その状態で変数などにカーソルを乗せると、変数の中身を確認することができる。

 

以上が基本的なWindows Power Shell ISEでデバッグ方法。

 

【補足】Power Shellでブレークポイントが貼れないときの対処法

 

補足としてPower Shellでブレークポイントが貼れないときの対処法を書いておく。
筆者も少し詰まったので、メモ。

原因としては下記のような原因が考えられる。

Power Shellでブレークポイントがはれないときの原因
  1. スクリプトファイルに、角括弧[]が含まれている
  2. 保存されていないスクリプト

 

①スクリプトファイルに、角括弧[]が含まれている

PowerShellでは角括弧は正規表現で使用される。
そのため、角括弧がパスに含まれていると、PowerShell ISE自体が、
実行中のスクリプトファイルのパスを正しく判別できなくなり、
ブレークポイントが貼れなくなる。

 

②保存されていないスクリプト

保存されていないスクリプトにブレークポイントは貼れないらしい。

 

記事が気に入った方はシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。