【PHP】 trim()関数で空白を取り除く方法まとめ

【PHP】 trim()関数で空白を取り除く方法まとめ

 

本記事では、PHPの
trim(), ltrim(), rtrim()関数の使い方を解説していく。

 

trim(), ltrim(), rtrim()関数を使うと、
文字列の先頭と末尾から、指定した文字列または空白文字を取り除くことが可能だ。

phpのtrim関数の使い方を説明した画像

 

 

trim関数の使い方

まずは、trim関数の使い方から解説していく。

 

trim関数の書式

trim関数の書式は以下だ。

trim(文字列 [,取り除く文字])

 

1つ目の引数に指定した文字列の先頭と末尾から、
2つ目の引数に指定した取り除く文字を取り除く。

2つ目の引数はオプションで、指定しない場合は空白文字を取り除く。

※trim関数で空白文字と見なされる文字
  • ” ”  通常の空白。
  • “\t”  タブ。
  • “\n”  リターン。
  • “\r”  改行。
  • “\0”  NULバイト
  • “\v”  垂直タブ

タブや改行を含む点に注意が必要だ。

 

trim関数のサンプルプログラム

trim関数で前後の空白を削除するサンプルプログラムを紹介する。

 

サンプル① 指定文字列を取り除く

以下は先頭・末尾から”hello”という文字列を取り除くサンプルだ。

<?php                                                                                                                                                          

$string = 'hello world hello hello';
$trimed = trim($string, 'hello');

var_dump($trimed);

実行結果

" world hello "

先頭・末尾の”hello”という文字列が取り除かれ、
真ん中の部分の文字列だけが残ったのが確認できるだろう。

 

サンプル② 空白文字を取り除く

次に先頭・末尾から空白文字を取り除くサンプルだ。

<?php                                                                                                                                                          

$string = '      hello world hello hello    ';

$trimed = trim($string);

var_dump($trimed);

実行結果

"hello world hello hello"

先頭・末尾の空白文字が取り除かれたのが確認できる。

 




ltrim関数、rtrim関数の使い方

次に、ltrim関数、rtim関数の使い方を解説する。

と言っても、
trim関数から取り除く箇所をそれぞれ先頭からのみ、または末尾からのみに絞ったのがltim関数、rtrim関数の使い方になるので、使い方としては特に難しくない。

 

rtim関数、ltrim関数

ltrim関数:文字列の先頭から、指定した文字列または空白文字を取り除く

rtim関数:文字列の末尾から、指定した文字列または空白文字を取り除く

 

ltrim関数、rtrim関数の書式

ltrim関数、rtrim関数の書式は下記

ltrim(文字列 [,取り除く文字])
rtrim(文字列 [,取り除く文字])

 

ltrim関数、rtrim関数のサンプルプログラム

ltrim関数、rtrim関数を使って文字列を取り除くサンプルプログラムは以下

<?php
var_dump(ltrim(' abc '));
var_dump(rtrim(' abc '));

実行結果

"abc " 
" abc"

 

ltrim関数、rtrim関数それぞれで、
先頭のみ、末尾のみから空白文字が取り除かれているのが確認できる。

 

str_replace関数:すべての指定文字列を置き換える

trim関数と類似する機能を持つ関数に、
str_replace関数という関数がある。

str_replace関数を使えば、
文字列の中から、すべての指定文字列を置き換えることが可能だ。

<?php
$string = ' hello world hello hello ';
$trimed = str_replace(" ", "", $string);
 
var_dump($trimed);

実行結果

"helloworldhellohello"

 

trim関数では先頭・末尾のみが対象で、中間の文字列は対象外だったので、
すべての箇所を対象にしたい場合は、str_replace関数を使用すると良いだろう。

 

str_replace() – 検索文字列に一致したすべての文字列を置換する

 

関連記事

(PHP) list関数の使い方【配列を効率よく受け取る】

https://www.php.net/manual/ja/function.trim.php

  • ltrim() – 文字列の最初から空白 (もしくはその他の文字) を取り除く
  • rtrim() – 文字列の最後から空白 (もしくはその他の文字) を取り除く
  • str_replace() – 検索文字列に一致したすべての文字列を置換する

 

記事が気に入った方はシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。