(MacBook) ターミナルコマンドのエイリアスを作成する

mac-terminal-alias

 

MacBookでターミナルを使っていて、
ターミナルコマンドのエイリアスが欲しいなあと思ったのでメモ。

 

エイリアスとは

エイリアスとは、コマンドを省略して打てるようにしたもののこと。

例えば、ディレクトリ内のファイルを詳細と共に表示する時は、「ls -l」コマンドを打つだろう。

# ディレクトリ内のファイルを詳細と共に表示
ls -l

一回打つだけではあれば簡単なコマンドだが、実際は上記コマンドは使用頻度がとても高く、オプションまで打つのがめんどくさくなってくる。

そこで下記のようなエイリアスを設定することが多い、

# ls -lのエイリアス
ll

 

ls -l を、短く簡単に打てるようにしたものだ。
llと打つだけで、ls -lと同じ結果になる。

 

本記事では、上記のようなエイリアスの作成方法をMacBookで行う方法を紹介していく。

 

MacBookでのコマンドエイリアス作成手順

MacBookでのコマンドエイリアス作成には、大きく分けて下記の作業を行う。

MacBookでのエイリアス作成手順
  1. ~/.bash_profileの作成・編集
  2. ~/.bashrcの作成・編集
  3. ターミナルを再起動

 

上記手順に関して押さえておきたいポイントとしては、

  • ~/.bash_profile は、ログイン時に読み込まれるファイル。
  • ~./.bashrcは、bash起動時に読み込まれるファイル。
  • Macはデフォルトでbash_profileとbashrcがが存在しないので、自分で作成・編集してやる必要がある。

と言うことだろう。

 

では、実際に書く手順を詳細に説明していく。

 

① ~/.bash_profileの作成・編集

まず最初に、ホームディレクトリに.bash_profileと言うファイルを作成する

#ホームディレクトリに移動
cd ~

#.bash_profileを作成
touch .bash_profile

 

そしたら.bash_profile中に、下記の記述をコピペして保存する(vi .bash_profileなんかで編集)

if [ -f ~/.bashrc ] ; then
. ~/.bashrc
fi

 

② ~/.bashrcの作成・編集

①と同じ要領で、ホームディレクトリに、.bashrcと言うファイルを作成する

#ホームディレクトリに移動
cd ~

#.bashrcを作成
touch .bashrc

 

.bashrcの中に、作成したいエイリアスを書き込んでいく。
今回は冒頭で紹介した、ls -lを、llと打つ例を書き込む

#エイリアス
alias ll='ls -l'

 

③ ターミナルを再起動

②を終えたら、ターミナルを再起動する。
再起動しないと、①②の設定が反映されないので注意

 

①②③を終えたら、作成したエイリアスコマンドを打ってみる

mac-terminal-alias

 

作成したllと言うエイリアスが動いているのが分かる

 

補足

エイリアスは一行ごとに書くことで、複数設定できる(.bashrc)。

「ll」のエイリアスの他に、「la」と言うエイリアス(ls -a)を次の行で設定しているのが分かる。

 

Macターミナルコマンドのエイリアス作成まとめ

 

Macターミナルコマンドのエイリアス作成まとめ
  • .bash_profileで.bashrcを読み込む
  • .bashrcにエイリアスを書き込む
  • ターミナルを再起動すると読み込まれる

 

 

 

記事が気に入った方はシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。