(Linux) wcコマンドで、ファイルの行数・単語数・バイト数を確認する

linux-wc

 

linuxで、ファイルの行数・単語数・バイト数を確認することができる、
wcコマンドの使い方をまとめて見た。

 

wcコマンドとは

wcコマンドとは、
指定したファイルの、行数、単語数、バイト数を表示するコマンド。

基本的な書式は下記。

wc オプション ファイル名

 

 

wcコマンドの使用例

下記のような記述がしてあるテキストファイル(test.txt)を対象に、
wcコマンドの使い方を確認していく。

 

まずはオプションなしで実行。

wc test.txt

左から順に、行数、単語数、バイト数が表示される。

 

wcコマンドを使ってよくやること – lオプションで行数のみ数える-

-lオプションを指定することで、
行数のみ出力することができる。

下記は、findコマンドの実行結果(検索にヒットしたファイルの一覧)を、
wc -lコマンドで行数を数えることで、検索にヒットした件数を数える例。

find . -name "*.txt" | wc -l

 

記事が気に入った方はシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。