(Linux) tarコマンドの使い方

linux-tar

 

サーバを触っていて、時々tarコマンドの使い方を忘れるのでメモ

 

tarコマンドとは

 

ファイルのアーカイブを作成/展開するコマンド。
アーカイブだけでなく、オプションをつけることで圧縮(gzip形式)まで可能。

アーカイブは複数のファイルを一つにまとめること。圧縮とは異なる。
Windowsなどを使っていると、ZIP形式などで圧縮する際に、アーカイブと圧縮を同時に行ってくれるため、混同しがちなので気をつける

 

tarコマンド書式

 

では実際にtarコマンドの使い方を紹介していく。

 

tar -czvf アーカイブ名.tgz 対象ファイル

アーカイブと圧縮をする。

対象ファイルを、アーカイブ名.tgzで保存する

c

–create

新しいアーカイブを作成

z

–gzip

アーカイブをgzip形式で圧縮する、

gzip形式で圧縮されたアーカイブを展開する(拡張子は「.tar.gz」または「.tgz」)

v

–verbose

処理したファイルの詳細を表示する

f

–file=アーカイブ

アーカイブファイル名を指定する

 

以下使用例

#ディレクトリ内の全てのファイルで、アーカイブファイル「data.tgz」を作成
tar -czvf data.tgz *

 

 

tar -xzvf アーカイブ名.tgz

アーカイブを展開する。

対象アーカイブを展開する

x

–extract,–get

アーカイブからファイルを抽出する

 

以下使用例

アーカイブファイル「data.tgz」を展開
tar -xzvf data.tgz

 

 

 

記事が気に入った方はシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。