Linuxのよく使うコマンド一覧【チートシート】

Linuxのよく使うコマンド一覧【チートシート】

 

本記事では、現役システムエンジニアの筆者がよく使う、
Linuxのコマンド一覧【チートシート】を共有しようと思う。

 

Linuxのよく使うコマンド一覧【チートシート】

  • 細かいことは書かないので、詳細はググってね
  • 間違っている or これも良く使うやろってのがあったらコメントで優しく教えてプリーズ

 

ファイル・ディレクトリを操作する

コマンド 説明 使用例・オプション解説
cp ファイルやディレクトリをコピーする。 cp -p コピー元 コピー先
-p : 完璧なコピーを作成
rm ファイルやディレクトリを削除する。 rm ファイル
rm -rf ディレクトリ
-r : ディレクトリを削除
-f : 確認なしで削除
mv ファイルやディレクトリを移動する。 mv 移動元 移動先
リネームのコマンドとしても使用可能(移動先を同じにして名前だけ変える)
rsync ファイルやディレクトリを同期する。 rsync -av 同期元 同期先
chmod ファイルやディレクトリの権限を操作する。 chmod 777 ファイル
chgrp ファイルやディレクトリのグループを操作する。 chgrp apache ファイル
-R : ディレクトリ
chown ファイルやディレクトリの所有者を操作する。 chown root ファイル
chown root:root ファイル
[:グループ]も指定可能
-R : ディレクトリ
tar ファイルをアーカイブ化したり展開したりする。 (アーカイブ)
tar -czvf アーカイブ名.tgz 対象ファイル
(展開)
tar -xzvf アーカイブ名.tgz
mkdir ディレクトリを作成する。 mkdir ディレクトリ
rmdir 空のディレクトリを削除する。 rmdir ディレクトリ
touch 0バイトのファイルを生成する。 touch ファイル
gzip Gzip形式でファイルなどを圧縮する。 gzip ファイル
gunzip Gzip形式でファイルなどを解凍する。 gunzip ファイル

 

ファイルを参照する

コマンド 説明 使用例・オプション解説
cat ファイルの内容を標準出力する。 cat ファイル
more ファイルの内容をページごとに区切って標準出力する。 more ファイル
tail ファイルの末尾を参照する。 tail -f ファイル
-f : リアルタイム監視
diff ファイルの差分を表示する。 diff ファイル ファイル
wc 指定したファイルの、行数、単語数、バイト数を表示する wc ファイル

 

ファイルを編集する

コマンド 説明 使用例・オプション解説
vi Viエディタでファイルを開く。 vi ファイル
view Viエディタでファイルを開く(閲覧のみ)。 view ファイル
> 左に書いたコマンドの結果を、右のファイルに出力する。(上書き) cat ファイル > ファイル
>> 左に書いたコマンドの結果を、右のファイルに出力する。(追記) cat ファイル >> ファイル

 

ファイルを一覧表示・検索する

コマンド 説明 使用例・オプション解説
ls ファイルの一覧を表示する。 ls -ltr
ls -a
find ファイルやディレクトリを検索する。 find ./ -name ファイル
grep ファイルの内容を検索する。 grep -rn 検索文字列 ディレクトリ
-r : 再帰的に検索
-n : 検索結果に行を表示

 

状態を確認する

コマンド 説明 使用例・オプション解説
pwd カレントパスを表示する。 pwd
id 現在のログインユーザ情報を参照する。 id
date サーバの日付を参照操作する。 date
df サーバのディスク容量を表示する。 df -h
-h : 分かりやすい単位で表示
ps 現在のプロセスを表示する。 ps -a
crontab クーロンの設定情報を表示編集する。 crontab -e
-e : 現在ユーザのcronを編集
env 環境変数などの設定情報を参照する。 env
export 環境変数などの設定情報を参照する。 export
which コマンドプログラムのパスを表示する。 which コマンド

 

ネットワークを確認する

コマンド 説明 使用例・オプション解説
hostname サーバのホスト名を表示する。 hostname
ping 指定先とのパケットのやりとりで、ネットワーク導通など調べる。 ping ホスト/IP
ifconfig サーバのネットワーク情報(IPアドレスなど)参照する。 ifconfig

 

その他

コマンド 説明 使用例・オプション解説
su ユーザ変更。 su ユーザ
su –
– : 現在のシェルの環境変数をすべて解除し、その上で指定したユーザーとしてシェルを起動
ユーザを省略するとrootユーザを指定したことになる
history ログインユーザのコマンド実行履歴を参照する。 history
man コマンドのマニュアルを表示する。 man コマンド
clear コンソールへの出力をクリアする。 clear
exit 現在ログイン中のユーザをログアウトする。 exit
| 左のコマンド実行結果に対して、右のコマンドを実行する。 ls -ltr | grep 文字列
tree ディレクトリ構造を表示する。 tree
top 実行中のプロセスをリアルタイムで表示する。 top
kill 現在のプロセスを切断する。 kill プロセスID
プロセスIDtopで確認
echo 文字列を標準出力する。 echo 文字列
sudo root権限でコマンドを実行する。

 

linuxコマンド関連記事一覧

 

記事が気に入った方はシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。