(Mac) LaravelをローカルPCにインストールする手順

laravel-install

 

 

larval-startup

 

本記事では、
ローカルのMacにlaravelをインストールする手順を紹介していく。

 

具体的には大体以下の様なステップでLaravelをインストールすることになる。

ローカルのMacにlaravelをインストールする手順
  1. composerをインストール
  2. Composerで、Laravelをインストール

 

では早速説明に移っていく。

 

composerをインストールする

Laravelをインストールするためには、まず初めに、composerをインストールする必要がある。

 

composerとは

 

composerとは、簡単に言うと、
php関連のパッケージ管理システムのこと
だ。

Laravelもphp関連のパッケージの一つなので、導入にはcomposerが必要。

(PHP) composerとは【使い方・概念など】

 

 

composerをインストールする

composerのインストールはHomebrewで行う。

下記brewコマンドでcomposerをインストールする。

brew install composer
how-to-install-homebrew-usage

 

と思いきや、画面には下記のようなエラーが、いきなりエラー

Error: parent directory is world writable but not sticky

 

ググったら下記のコマンドで解決できるらしい、
やってみた(参考:brew で `Error: parent directory is world writable but not sticky`

sudo chmod +t /private/tmp
 sudo chmod +t ~/Library/Caches/Homebrew

 

後にもうちょい調べたら、ディレクトリ権限の「スティッキービット」ってのが設定されていないからダメだったらしい。

参考:【Linux初心者向け】スティッキービットとは?と設定方法)。

 

再度以下でインストール、仕切り直し。

brew install composer

 

今度はできた!

 

インストールが完了したら、下記コマンドでバージョン確認

composer -v

 

下記写真のような画面でバージョンが出てくればOK

composer-version

 

これでcomposerインストールは終了

 

 

Laravelをインストールする

larval-startup

composerのインストールが終わったので、
次にcomposerを使って、Laravelをインストールしていく。

 

composerでLaravelをインストール

composerでlaravelをインストールする。コマンドは下記

composer global require "laravel/installer"

 

LaravelにPATHを通す

Laravelのインストールが終わったら、以下のコマンドで環境変数PATHにlaravelを設定。

echo export PATH=\"$HOME/.composer/vendor/bin:\$PATH\" >> ~/.bash_profile

 

以下のコマンドで.bash_profileに上記が反映されたか確認

view ~/.bash_profile

 

larval-path

ちゃんと入った。

 

ターミナルを再起動

PATHを通したあとはターミナルを再起動しないと、設定したコマンド「laravel」が使えない。
なのでターミナルを終了して、再ログインしよう

再起動後は下記コマンドで「laravel」コマンドが使えるようになっていることを確認する

which laravel
larval-command

 

無事使えるようになっている。
laravelのインストール完了。

 

Laravelのプロジェクトを立ち上げる




最後にLaravelプロジェクト(開発するwebアプリ)の立ち上げ方を紹介する。
Laravelプロジェクトの新規立ち上げ方は下記コマンド

larval new プロジェクト名(フルパスでも可)

 

一応フルパスでも指定できるが、今回はテスト的に、

  1. ターミナルでデスクトップディレクトリに移動して、
  2. そこで新規プロジェクト「laraveltestproject」を立ち上げてみる

 

下記手順

1. ターミナルでデスクトップディレクトリに移動

cd ~/Desktop/

 

2. 新規プロジェクト「laraveltestproject」を立ち上げ

laravel new laraveltestproject

 

自動的にプロジェクトが立ち上がるのがわかると思う。
結構時間かかるが下記のような文言が出れば完了

laravel-project

 

するとデスクトップにディレクトリが出来上がる。

laravel-project2

 

プロジェクト立ち上げ完了、続いて画面表示をする

 

composerコマンドでlaravelプロジェクトを作成する

Laravelのコマンドを使わずとも、composerコマンドでlaravelプロジェクトは実は作成できてしまう。(と言うかこっちを使う方が多いかも)

composer create-project laravel/laravel testdir --prefer-dist

詳細はこの記事では割愛する。

--prefer-distと--prefer-sourceの違い

 

 

スタートアップ画面表示まで

残りは2手順、

 

簡易webサーバの起動

laravelでは独自に簡易的なwebサーバを用意していて、これを立ち上げる。
まずは今立ち上げたプロジェクトのディレクトリ内まで移動

cd ~/Desktop/laraveltestproject

 

以下webサーバ起動コマンド

php artisan serve

 

laravel-web-server

起動後は上記のような文言が表示される

 

スタートアップ画面の表示

上記webサーバ立ち上げで表示された、http://127.0.01:8000とブラウザからアクセスしてほしい。

larval-startup

 

すると、laravelのスタートアップ画面が表示される。

 

補足

今回は手順紹介なのでわかりやすくデスクトップにプロジェクトを立ち上げたが、普段のローカルの開発環境のドキュメントルートに「laravel new」するのがいいかと思う。

んで、webサーバもlaravelの簡易のやつ(php artisan serve)じゃなくて、ちゃんとapacheとか立ち上げて開発したらいいと思う。

 

関連

(composer) –prefer-distと–prefer-sourceの違い

 

 

記事が気に入った方はシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。