(PHP) peclでXdebugをインストールする手順

install-xdebug-via-pecl

 

XdebugをローカルのPC(MacBook)にインストールした時のメモ

 

Xdebugとは

x-debug-image

Xdebugとは、phpの拡張モジュールのことだ。
phpソースのデバッグを簡単にしてくれる機能を持つ。

 

Xdebugの使用例

例えば以下のように、配列の中身を出力し、
Xdebugが入っていない場合(上)Xdebugが入っている場合(下)を見比べてみる。

xdebugなし
array-without-xdebug

xdebugあり
array-with-xdebug

 

debugが入っていない場合(上)と比べて、Xdebugが入っている場合(下)の方が、圧倒的に出力結果が見やすくなっているのが分かるだろう。

このように、、Xdebugを導入すると、phpのデバッグ効率が向上すると言うメリットがあるため、ぜひphp開発者の方は、Xdebugの導入をするべきである。

 

 

Xdebugインストール手順

では本題、
peclを使って、Xdebugをインストールする手順を解説していく。

 

peclでXdebugをインストール

Xdebugのインストールはpeclと言うコマンドを使用して実施する。

下記peclコマンドをターミナルにて、実行し、Xdebugをインストールする。

#peclでxdebugをインストール

pecl install xdebug

 

インストールが完了すると以下のような文言が表示されるので、赤枠部分をメモ帳などに残して置いて欲しい。

pecl-finish

 

 

peclとは
pecl-image

peclとは、phpの拡張モジュールをインストールしてくれるサービスだ。

PECLは、PHPで利用できる拡張ライブラリを提供しているサービス。
PECLにより提供されるライブラリはPHPの拡張モジュールとしてインストールされる。

 

Xdebugもphpの拡張モジュールなので、peclでインストールすることができる。
ちなみにpeclはphpをインストールすると一緒に入っている。

 

 

 

php.iniの設定変更

Xdebugは、実はインストールしただけでは動いてくれない。
動くようにするには、php.iniの設定ファイルを修正する必要がある

php.iniをviエディタ等で開き、下記の設定を追記する。
大抵、php.iniの際末尾に、以下のフォーマットで記述する。

#php.ini

[xdebug]
zend_extension="メモったxdebugのパス"
xdebug.remote_enable=1
xdebug.remote_host="localhost"
xdebug.remote_port=9000
xdebug.profiler_enable=1

 

「zend_extension」と書いてあるところには、先ほどメモったxdebugのパスを記入する。

add-xdebug-php-ini

追記したら、保存して閉じてOK

 

apacheを再起動

上記が終了したらapacheを再起動する。
これをやらずに筆者は30分くらいハマった

apache-restart

 

phpinfo()を表示

Xdebugのインストール動作確認として、
phpinfo()と書いただけのphpファイルにアクセスする。

php-info

 

phpinfo()の画面で「xdebug」のセクションが表示されていれば正しくxdebugが動いている。

php-info-xdebug

 

 

xdebug動作確認

冒頭でも見たプログラムを画面に表示してみよう。
以下のプログラムを記述した「test.php」にアクセス

#test.php

<?php
$test = ['a' => 'aaa', 'b' => 'bbb', 'c' => 'ccc'];
var_dump($test);
?>

 

以下のような画面が表示されればOK。

変数の中身(配列)がxdebugのおかげでわかりやすく表示されている。

array-with-xdebug

 

 

 

記事が気に入った方はシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。