(CI/CD) JenkinsをMacBookにHomebrewでインストールしてみた

(CI/CD) JenkinsをMacBookにHomebrewでインストールしてみた

 

気になっていたCIツールのJenkins
自分のMacBookAirにHomebrewを使ってインストールしてみた。

色々と詰まったところもあったので、忘れないようにメモ。

 

Jenkinsとは

jenkins-image

「CI/CDツール」の一つ。

CI/CDツールとは
  • CI = Contiuous Integration(継続的インテグレーション)
  • CD = Contiuous Delivery(継続的デリバリー)

 

言葉にすると難しいが、簡単にいうと、
デプロイやビルドなどの作業を、自動で実行してくれるプログラムのこと。

 

JenkinsをHomebrewでインストールする

JenkinsのインストールはHomebrewで行う。

 

Homebrewとは

HomebrewはMacOSのパッケージ管理システムのこと。
Homebrewについてよく分からないよ言う人は下記記事を参照して欲しい。

 

Jenkinsインストールコマンド

jenkinsをHomebrewでインストールするコマンドは下記

brew install jenkins

 

実行すると下記のようなエラーが出た。

Pasted Graphic.png

Java1.8のfomulaが必要とか言われている。
打てと言われているコマンド(brew cask〜)を打ってみた。

brew cask install homebrew/cask-versions/adoptopenjdk8

 

上記コマンドを打つと、必要だと求められた「adoptopenjdk8」のダウンロードが始まる。
これに1時間弱はかかったような、とにかく長かった。

DL完了後、インストール前にパスワードを求められる

再度、brew install jenkinsを打つ。

brew install jenkins

今度は無事完了したみたい、んでこんな記述

 

「jenkinsをスタートしたいなら、brew services start jenkinsって打てよ、ポートは8080使ってね」って書いてある。

、、あれ、8080ポートはローカルで使ってるapacheのポートだったような、
ってことで一応「httpd.conf」を修正、ポートを適当に8888とかに変えておく。

 

httpd.confの修正が終わったらapacheを再起動

brew services httpd restart

 

そしたら「localhost:8080」にブラウザからアクセス。

 

jenkinsおじさん!、
合っているぽい。

 

しばらく待つと次のような画面が表示される。

 

「赤文字のパスのファイルに管理者パスワードが書いてあるから、下の枠にコピーしてね」って書いてある。
ターミナルからviewコマンドかなんかで、指定のファイルを開いてコピってきて、枠内に貼り付けよう。

view /Users/<ユーザ名>/.jenkins/secrets/initialAdminPassword

 

んで次に、オススメのプラグインを最初にインストール」するか、
自分でプラグインを選んでインストールするか選択を求められる。

筆者は「オススメのプラグイン」選択した(画面左、青色の方)。

 

すると自動的にプラグインのインストールが始まる。結構時間かかる。

 

終わると管理者ユーザの情報を入力しろと言われるので入力する。
メモしておこう。

 

ここはそのままで、  

 

下記のような画面が表示されれば設定完了。

 

【参考】jenkinsでデプロイを自動化してみた(レベル1)

jenkinsがインストールできたところで、早速デプロイの自動化もやってみて欲しい。
手順(自己流、レベル1)は下記にて紹介しているので、参考に。

 

記事が気に入った方はシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。