別Githubアカウントに権限エラーでプッシュできない(remote: Permission to アカウント/リポジトリ.git denied to ユーザー.)

別Githubアカウントに権限エラーでプッシュできない(remote: Permission to アカウント/リポジトリ.git denied to ユーザー.)

 

本記事では、別Githubアカウントに権限エラーでプッシュできない時の対処法を解説する。

 

別Githubアカウントにプッシュしようとしたら権限エラー

いつも使っているGithubアカウントとは別のGithubアカウントでリポジトリを作成し、そのリポジトリにpushしようとした際、以下のようなエラーが発生した。

# git push origin master

remote: Permission to 別のアカウント/リポジトリ.git denied to いつものアカウント.

fatal: unable to access 'https://github.com/別のアカウント/リポジトリ.git/': The requested URL returned error: 403

 

エラー内容を訳すと、「いつものGithubアカウントには、リモート:別のアカウント/リポジトリ.gitに対する権限がありません。」と言われている。

 

別Githubアカウントに権限エラーでプッシュできない時の対処法

上記権限エラーが原因で別Githubアカウントにでプッシュできない時の対処法は、
.git/config」ファイルを修正することだ。

具体的には、「git/config」ファイル内、[remote “origin”]のurlに、ユーザーネームとパスワード(別アカウントの方)を記載する

# .git/config

〜省略〜

 [remote "origin"]
    (修正前)  url = https://github.com/xxxx.git
    (修正後)  url = https://ユーザーネーム:パスワード@github.com/xxxx.git   #ユーザーネーム:パスワード(別アカウントの方)を追加

 

これで別Githubアカウントへアクセス可能となり、Push時にエラーが起きることもなくなる。

 

関連記事(gitのconfigファイルの種類)

「.git/config」ファイルに関連して、gitに存在するconfigファイルの一覧を紹介した記事を参考として掲載しておく。

 

 

 

 

 

記事が気に入った方はシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。