(MacBook) ドキュメントルートへのシンボリックリンクをデスクトップに置く

 

筆者のPCのapacheドキュメントルートは「/usr/local/var/www/」。
エディタからここを開く方法がわからなかったので、最終的に落ち着いた方法を紹介

 

/usr/local/var/www/へのシンボリックリンクをデスクトップに置く

シンボリックリンクとはショートカットファイルのことで、
Windows使ってる人ならなじみ深いかも。Unix系のPCではこう呼ぶだけ。

symbolic-link-icon

 

ちなみにターミナルから見るとこんな感じ。
矢印でショートカット先が書かれててわかりやすい。

symbolic-link-terminal

 

なんでデスクトップかというと

  • エディタで開きやすい
  • デスクトップにあるから直接触りやすい

 

という理由なだけ、vsコード↓で開きやすい。

vscode-open-directory vscode-select-desktop

 

シンボリックリンクさえ置いてしまえば、あとはそこからリンク先へ飛んで、通常のファイルシステムと同じようにファイルにアクセスできる。

link

なんやかんや/usr/local/var/wwwに毎回GUIでアクセスできる(しかもデスクトップから)のは楽

 

シンボリックリンクの置き方 – lnコマンド –

前置きが長くなったが、シンボリックを置く方法(コマンド)は下記

ln -s リンク先パス リンク元パス

 

lnコマンドはリンクを作成するコマンド。
これを今回に合わせると、下記のようになる。

ln -s /usr/local/var/www/ /Users/ユーザ名/Desktop/

 

実行

command-ln

 

/usr/local/var/www/へのシンボリックリンクがデスクトップにできた

symbolic-link-to-documentroot

 

これで一応ローカル開発環境は快適に使えている。

 

記事が気に入った方はシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。