(Linux) マウントとは NFSについても解説

mount-nfs

マウントとは

IT用語で言うマウントとは、
あるデバイスを他のデバイスとつなげて、使える状態にすることを意味する。

IT用語でのマウントを表す画像

Linuxの例では無いが、
マウントのイメージをわかりやすく理解できる例として、USBフラッシュメモリがある

WindowsでUSBメモリをPCに刺すと、リムーバブルディスクというデバイスのフォルダが自動的に出来上がり、開くとUSBメモリの中に入っているデータが自身のPC上で確認できる。

これはあるデバイス(自身のPC)をとあるデバイス( USBメモリ)につなげて、使える状態にあると言うこと

つまりマウント状態になると言うこと。

 

Linuxサーバーでよくやるマウント

Linuxのサーバを扱っていると、よく
サーバーAのディレクトリAを、サーバBのディレクトリBにマウントする」みたいなことをやる。

server-mount

USBの例と照らし合わせると、PC同士をくっつける訳では無いので、ピントこないかもしれないが、やっている目的は同じで、サーバAとサーバBをつなげて使えるようにすることをサーバのマウントと呼ぶ。

サーバのマウントの場合、USBの例とは、下記の違いがある

USBの例との違い
  • 物理的にくっつける訳では無い(ネットワーク経由)

USBの場合は、USB端子に刺した段階でPCが勝手にマウントを実行し、ファイルマネージャからUSBの中を閲覧・操作できるようなる。

しかし、サーバ同士をマウントする場合は、マウントの設定を自身で行わなければならない。そしてサーバどうしのマウントの場合、物理的にサーバを繋げる訳ではなく、ネットワークを経由して、マウントを行う。

より具体的なサーバのマウントの設定方法は、下記記事にてまとめてあるので、参考にして欲しい。

 

 

Linuxでのマウント詳細

mount-server

 

サーバーAのディレクトリAは、ネットワークを介してサーバBのディレクトリBにマウントしている

ディレクトリAは空のディレクトリだが、サーバBのディレクトリBをマウントしているため、ディレクトリの中を開くと自身のディレクトリに存在しているかのようにディレクトリB内を操作することができる。

ディレクトリ内にあるファイルなどは操作可能だ(操作とは書き込みや、読み込みなど。設定で変えられる)。

これにより、サーバAはwebサーバとして起動し、サーバBは外部ストレージとしてファイルを保管しておくためのサーバとして起動するなど、サーバの役割を分担することもできる

これらはNFS(ネットワークファイルシステム)と言うプロトコルに支えられている

 

NFS(ネットワークファイルシステム)とは

NFS(ネットワークファイルシステム)とは、
ネットワーク上のコンピュータ同士がファイル共有するためのプロトコルのことだ。

違うPC同士でも、NFSでストレージをマウントしていれば、お互いの共有資産として同様に読み書きすることが可能なため、幅広い用途で使える利点がある

ちなみに、呼び名が違うだけでNFSと同じような仕組みがどのOSにも搭載されている

それぞれのOSでのNFS的システム
  • Linux → NFS(Network File System)
  • Windows → CIFS(Common Internet File System)
  • MacOS → AFP(Apple File Protocol)

 

より具体的なサーバのマウントの設定方法は、下記記事にてまとめてあるので、参考にして欲しい。

 

マウントとは NFSについて まとめ

 

マウント・NFSとは

マウントとは、あるデバイスを他のデバイスとつなげて、使える状態にすること。
サーバ同士をマウントすることでデータ共有などが可能になる

NFSとはネットワーク上のコンピュータ同士がファイル共有するためのプロトコル。
マウントなどの基盤になっているシステム。

 

参考:https://e-words.jp/w/%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88.html

 

記事が気に入った方はシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。