(MacBook) MAMPを卒業して、phpローカル開発環境を一から構築してみた【前編】

MAMPを卒業したい

インストールするだけでphpの環境構築ができるMAMP。
MAMPを卒業して、一からローカルのMacBookに開発環境を作ってみたくなったのでやってみた。
その時の手順メモ

今回(前編)では下記手順を解説する

前編
  • Homebrewのインストール
  • apacheのインストール
  • mysqlのインストール
  • phpのインストール
  • 自動起動設定(apache + mysql)

 

後編では下記手順を説明する。

 

あと+αでphpmyadminの導入の手順も紹介する。

 

の3つの記事に分けて書いていく

 

HomebrewでMAMP環境作成を目指す

では具体的な手順を紹介していく。

 

Homebrewとは

HomebrewとはMacOSで使えるパッケージ管理システムのこと。
今回はHomebrewでMAMP環境に必要なプログラムをインストールする。

 

MAMP環境とは

MAMP環境とは「Mac + Apache + Mysql + PHP」の開発環境のこと。
なので、今回はHomebreを使って、

  • Apache (Ver. 2.4.34)
  • Mysql (Ver. 8.0.17)
  • PHP (Ver. 7.3.9)

 

をローカルのMacにインストールする。

が、実はこのうち ApacheとphpはデフォルトでMacに入っている(バージョンは上記より古い)。今回は勉強も兼ねて全て一から自分でインストールする。

 

Homebrewをインストール

Homebrewのインストールコマンドは下記ホームページからコピーできる。

https://brew.sh/index_ja

赤枠のコマンドをコピーしてターミナルで実行する

homebrew

インストール完了後は「brew」というコマンドでhomebrewを実行できる

brew

 

 

Apache、Mysql、PHPをインストール

brewコマンドで、apache、Mysql、PHPの各プログラムをインストールするコマンドは下記(rootユーザでやったような)。

//apache
brew install httpd 

//mysql
brew install mysql 

//php
brew install php 

 

brewでのインストール後は

「/usr/local/」配下にプログラムが格納される。

 

デフォルトのApache、phpの自動起動設定をOFFに

デフォルトのapache、phpは今回は使わないスタンスなので、今後使わないように設定する。
そのためにはデフォルトのapache、phpの自動起動設定をOFFにする

 

自動起動設定とは

自動起動設定とは簡単に言うと、PC起動時、指定したプログラムを自動的に起動してくれる設定のこと。

PC起動時に、apacheとかmysqlを勝手に立ち上げてくれるようにする。
リナックスのサーバーとか触ったことある人ならデーモンとかによく設定する。

 

Macの自動起動設定は、launchctlコマンド

MacOSでは自動起動設定にはlaunchctlコマンドを使用する。

「launchctl list」で全ての自動起動設定を確認できるが、grepでapacheとphpだけ確認する。

//apacheの自動起動設定を確認
launchctl list | grep http 

//phpの自動起動設定を確認
launchctl list | grep php 

 

apacheだけデフォルトのものが自動起動設定がされていた(orgって書いてる方)。
こいつは勝手に立ち上がって欲しくないので設定を解除していく。

//launchctl list | grep http の結果
83659	0	org.apache.httpd //こいつを消したい
81327	0	homebrew.mxcl.httpd //homebrewでインストールしたほう

 

自動起動を解除する手順は下記

//自動起動を止めたいプログラムをストップ
launchctl stop サービス情報ファイルパス 

//自動起動を止めたいプログラムの自動起動を解除
 launchctl unload -w サービス情報ファイルパス  

 

サービス情報ファイルというのは、各サービス情報を記録したファイルのことで下記に格納されている。

/System/Library/LaunchDaemons/サービス情報ファイル(.plist)

 

ここにさっき確認した「org.apache.httpd」のサービス情報ファイル(.plist)が存在していて、自動起動するよって設定で保存されてるからダメらしい。

下記コマンドで自動起動を解除していく。

launchctl stop /System/Library/LaunchDaemons/org.apache.httpd.plist

launchctl unload -w /System/Library/LaunchDaemons/org.apache.httpd.plist

 

実行後、再び自動起動設定を確認すると、homebrewのものだけが残っている。
無事デフォルトのapacheは自動起動しなくなった。

//launchctl list | grep httpdの結果
81327	0	homebrew.mxcl.httpd

 

phpにPATHを通す

今回インストールしたphpのバージョンは7.3.9。
こいつにPATHを通さないと、デフォルトのphp(バージョン7.1)が使われてしまう。

PATHを通すというのは、実行コマンドのプログラム本体が置かれているパス(フルパス)を、環境変数「PATH」に、追記する作業だ。

これをすることで、プログラムの実行コマンドをフルパスで打つのではなく、パス部分を省略して打つことができるようになる

 

なのでphp7.3.9をを使えるようにPATHを通していく。
前述の brew install php インストールした際こんなのが出ていた

If you need to have php@7.3 first in your PATH run:
  echo 'export PATH="/usr/local/opt/php@7.3/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
  echo 'export PATH="/usr/local/opt/php@7.3/sbin:$PATH"' >> ~/.bash_profile

 

簡単に言えば「7.3のphpを使いたかったらechoのコマンドを実行しろよ」ということ。~/.bash_profaileは環境変数を保存してあるファイルで、PATHの情報はここに保存されている。

なので実行

echo 'export PATH="/usr/local/opt/php@7.3/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile 
echo 'export PATH="/usr/local/opt/php@7.3/sbin:$PATH"' >> ~/.bash_profile

 

んで、PHP をstartするようコマンド打って、ターミナルを再起動すれば PHP 7.3 になっているらしい。

brew services start php

 

ターミナルを再起動して、

php -v

 

php7.3になった!

 

ここまでで、各プログラム(apache、mysql、php)インストールと、自動起動設定、phpの設定が完了した。後編では、続きとして、下記設定を行う。

 

ここにタイトル
  • apacheの設定
  • mysqlの設定

■後編

(MacBook) MAMPを卒業して、phpローカル開発環境を一から構築してみた【後編】

 

 

 

 

 

 

記事が気に入った方はシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。