(Linux) lsコマンドのよく使うオプション

linux-ls-option

よく使う8個のオプション

-l

詳細表示する。大体指定するオプション。

-a

隠しファイルも表示する

-1

縦に並べて表示する

-r

通常の逆の順番で表示する

-t

更新時間の順番で並べる(新→古の順)

-S

ファイルサイズの順番で表示する(大→小の順)

-X

拡張子ごとにまとめて表示する

-R

サブディレクトリ内も再起的に表示する

 

よく使うオプションの組み合わせ

ls -ltr(更新時間 + 逆順序)

出力結果の最後のファイルが直近に更新されたファイルになる

更新があったファイルを探すのに便利

 

ls -lSr(ファイルサイズ + 逆順序)

出力結果の最後のファイルが一番大きいサイズのファイルになる

記事が気に入った方はシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。