(Linux) fstabの書式 主要オプションなど

linux-fstab-option

/etc/fstabファイルとは

/etc/fstabファイルとは、
Linuxにおいて、
マウント設定をしたいときにその情報を書き込むファイル

ちなみにマウントを受け入れる側は /etc/exports というファイルを編集する。

 

/etc/fstabファイルの書式

#view /etc/fstab
/dev/hda4               /                  ext3    defaults        1 1
/dev/cdrom              /mnt/cdrom         iso9660 noauto,owner,ro 0 0
/dev/hda3               swap               swap    defaults        0 0
192.168.1.1:/share      /mnt/share         nfs     rw,hard,intr    0 0

192.168.1.2:/dirB       /var/www/dirA      nfs     rw,auto         0 0

一行毎に一つのマウント設定を記述する。
一行には下記①〜⑥の項目を、左からスペース区切りで記載する

 マウント先ポイント マウント元ポイント ファイルシステムの種類(nfs) マウントオプション dumpフラグ ブート時にfsckがチェックする順序

①〜⑥を順に解説していく。

①マウント先ポイント

マウント先を表す画像

マウント先のポイント(ディレクトリ)を記載する。
外部サーバを指定する場合、先頭に「外部サーバのIPアドレス:」を付与する。

 

②マウント元ポイント

マウント元を表す画像

マウント元になるディレクトリ(自身)を記載する。
①で指定したマウント先に繋ぐ、自身のポイント(ディレクトリ)を記載する。

 

③ファイルシステムの種類

ファイルシステムの種類を記載する。

種類例

ext2 Linuxの古いファイルシステム。
ext3 ext2にジャーナリング機能がついたファイルシステム
swap swap用のファイルシステム
auto どのファイルシステムかをマウントに推測させる。
ext4 Linuxでの標準ファイルシステム
iso9660 CD-ROM、DVD-ROMのファイルシステム
msdos MS-DOSのファイルシステム
vfat Windows 9xのファイルシステム
nfs NFS(Network File System)

 

④マウントオプション

マウントする際のオプションを記載する。
「,」(カンマ)で区切って複数指定可能。

マウントオプション例

async ファイルシステムの非同期入出力を設定
auto mount -aコマンド実行時にマウント(よく使う)
noauto mount -aコマンド実行時にマウントされない
defaults デフォルトオプションを設定(async,auto,dev,exec,nouser,rw,suid)
exec バイナリの実行を許可する
noexec バイナリの実行を許可しない
ro 読み出し専用でマウント
rw 読み書きを許可してマウント
unhide 隠しファイルも表示
suid SUIDとSGIDを有効化
user 一般ユーザーでもマウント可
nouser 一般ユーザーでのマウント不許可

 

mount -aコマンドでマウントする時のためのオプションの「auto」はよく指定する

 

⑤dumpフラグ

1ならdumpコマンドでバックアップ対象になる。

よくわかってないがext2、ext3なら1を、
その他のタイプなら0を指定しておけば良いらしい。

 

ブート時fsckチェック順序

Linux起動時に、fsckがチェックする順序

0を指定するとチェックされない。基本これ。

 

おまけ

fstabと、exports(マウント元のマウント設定ファイル)を使用したサーバ間のマウントの方法について下記記事にて紹介しているので、参考程度に。

 

記事が気に入った方はシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。