(UNIX系) デーモンとは

デーモンとは

 

デーモン とは、、UNIX系のOS(LinuxとかMacとか)における常駐プログラムの呼び名のこと

unix-daemon

 

デーモン とは
  • 常駐プログラムのこと
  • UNIX系のOS(mac + Linux)で使われる言葉

 

常駐プログラムとは

常駐プログラムとは、簡単に言うと、
「裏で常に起動しているプログラム」のこと

裏っていうのは、PCが動いている間、見えないけどバックグラウンドで動いているって言うこと。

 

常に起動しているってどう言うこと

 

常に起動しているということは、いつでも要求があれば応答が可能ということ。

サーバーなどで、常に何かしらの要求を待っているプログラムは、常に起動状態にあり、要求に対応可能な状態である必要がある。

ちなみに、デーモンとは悪魔ではなく守護神という言葉が語源らしい。
常に待ち受けているから守護神。

 

常駐プログラムの例

 

いくつか簡単に、デーモン の例を紹介する。

 

httpdデーモン

webサーバソフトのapacheのデーモン 

クライアントからのwebリクエストをいつでも受け付けれるように、常に起動しておく必要がある。

 

crondデーモン

cronを実行するデーモン 

cronとは決まった時間になると、指定したプログラムを自動実行するシステムのこと。
決まった時間にシステムで自動実行するため、システムは常に起動している必要がある。

 

まとめ

 

デーモンプロセスといったら、

「常に裏方で動きつつけているプログラム」

 

 

 

 

記事が気に入った方はシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。