条件付き書式で特定の条件のセルに色をつける方法(エクセル)

条件付き書式で特定の条件のセルに色をつける方法(エクセル)

 

本記事では、
エクセルの条件付き書式を使って、
特定の条件のセルに色をつける方法を紹介していく。

 

条件付き書式とは何かと言うと、
特定の条件を満たすセルに対して、
指定した書式(色をつけるなど)を反映させることができる機能のこと
だ。

 

特定の条件を満たすセルに色をつける例
条件付き書式で特定の条件のセルに色をつける手順の画像1

値が10以上のセルに赤色をつける条件を設定

条件付き書式で特定の条件のセルに色をつける手順の画像11

 

上記イメージの様に、条件を満たすセルに色をつけることで、視覚的にデータを一目瞭然にでき、人為的なデータの確認漏れを防ぐことができたり、特定のデータを判別するのに役立つというメリットがある。

 

もちろん色を付ける以外にも設定可能なセルの処理はたくさんあるが、筆者の経験上、最も使用頻度が高かったのが特「定の条件を満たす場合に色を付ける」というケースだったので、本記事では色をつけることに焦点を絞って手順を紹介していく。

 

では早速、
エクセルの早速条件付き書式を使って特定の条件のセルに色をつける方法を紹介していく。

 

 

条件付き書式で特定のセルに色を付ける手順

例として、上述のキャプチャでも紹介した
値が10以上のセルに黄色の色を付けるという手順を紹介していく。

 

条件付き書式で特定のセルに色を付ける手順は、
大別すると以下のようなステップとなる。

条件付き書式で特定のセルに色を付ける手順
  1. 条件と書式を設定する
  2. 設定内容の適用先(適用範囲)を設定する

 

サンプルとして以下の様に数値が入力された表を使用していく。

条件付き書式で特定の条件のセルに色をつける手順の画像1

 

①条件と書式を設定する

まず最初に基準となる一番左上のセルをクリックする。
下記ではA1セルが基準となる一番左上のセルなので、A1セルをクリックする。

条件付き書式で特定の条件のセルに色をつける手順の画像9

 

次に、ホームタブにある、
「条件付き書式 > セルの強調表示ルール > 指定の値より大きい‥」の順でクリックする。

条件付き書式で特定の条件のセルに色をつける手順の画像4
条件付き書式で特定の条件のセルに色をつける手順の画像5

 

すると、条件の詳細設定画面が開くので、以下の設定を行い、OKを押す。

  1. 条件の値    :10を入力
  2. 設定する書式  :赤の背景を選択
条件付き書式で特定の条件のセルに色をつける手順の画像6

 

 

②設定内容の適用先(適用範囲)を設定する

条件と書式が設定できたら、
次に設定内容の適用先(適用範囲)を設定していく。

ルールの管理という画面が開いていると思うので
適用先の入力欄に、設定内容を適用させたい範囲を入力する。

例では表の範囲の一番右下となるC8セルまでを適用範囲としたいので、
「$A$1:$C$8」と入力してOKを押す。

条件付き書式で特定の条件のセルに色をつける手順の画像8

条件付き書式で特定の条件のセルに色をつける手順の画像10

 

※ルールの管理画面が開かなかった場合

ルールの管理画面が開かなかったという方は、
以下の手順でルールの管理画面を開くことが可能。

「条件付き書式 > ルールの管理」

条件付き書式で特定の条件のセルに色をつける手順の画像7

 

 

上記手順が完了すると、以下の様に
セルの値が10より大きいという条件を満たすセルのみ赤色の背景になるはずだ。

条件付き書式で特定の条件のセルに色をつける手順の画像11

 

この様に、
条件付き書式を使うことで、簡単に特定の条件を満たすセルに書式を設定することが可能だ。

 

関連記事

Excelで「1つ以上の循環参照が発生しています。循環参照とは〜」が出た時の原因と対処法

 

https://support.microsoft.com/ja-jp/office/%E6%9D%A1%E4%BB%B6%E4%BB%98%E3%81%8D%E6%9B%B8%E5%BC%8F%E3%82%92%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%82%92%E5%BC%B7%E8%AA%BF%E8%A1%A8%E7%A4%BA%E3%81%99%E3%82%8B-fed60dfa-1d3f-4e13-9ecb-f1951ff89d7f

 

https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00286/092000128/