WordPressの構造を理解する

wordpress-structure

 

WordPressを使っていて、どんな構造になっているのか気になったので、メモ。

 

WordPressとは

wordpress-image

WordPressは、ホームページ制作用の無料ソフト。
HTMLなどの知識がなくても、誰でも直感的に、そして簡単にブログなどの記事を制作できる。
ソフト自体は主にPHPと言う言語で作成されている。

 

WordPressの構造

ワードプレスはざっくり書くと、下記の図のような仕組みになっている

wordpress-structure

ワードプレスはソフトウェア単体で動作する訳ではなく、
データベースシステム(MySQL)と連携して動作するwebアプリとなっている。
そのため、ワードプレスを使用する際は、MySQLも合わせてサーバーにインストールする必要がある。

ワードプレスをインストールすると、インストールしたディレクトリに、動作に必要なファイル群、やディレクトリ群が配置される(上記イラストの水色の部分)。

 

ディレクトリ・ファイルの構造

ワードプレスをインストールすると、かなり大まかだが、インストールしたディレクトリ(/)から、下記のような構造でファイル・ディレクトリが配置される。

ディレクトリ構成 役割
/ WordPress本体のプログラム
基本的にはノータッチ
index.php サイトへのアクセス時、最初に読み込まれるファイル
license.txt ライセンスに関するテキストファイル
readme.html WordPress のインストールや基本的な情報が書いてあるファイル
wp-activate.php ユーザーアカウントに関するファイル
wp-blog-header.php WordPress の環境関連ファイルをロードするファイル
wp-comments-post.php コメント投稿に関するファイル
wp-config.php WordPressの設定ファイル
wp-config-sample.php wp-configの元となるファイル。インストール時にこのファイルを元にwp-config.phpファイルが生成される
wp-cron.php WordPressのcron(らしきもの)のファイル
wp-links-opml.php リンクの XML 出力に関するファイル
wp-load.php WordPressの動作や起動に関連するファイルをロードするファイル
wp-login.php 管理画面のログインに関するファイル
wp-mail.php メールでのブログ投稿用ファイル
wp-settings.php WordPress 基本設定ファイル
wp-signup.php ブログ名やユーザー名などの設定に関するファイル
wp-trackback.php トラックバックとPing 送信用ファイル
xmlrpc.php XML-RPC 通信に関するファイル
wp-includes/ WordPressで使用する関数(PHPプログラム)がたくさん格納されているところ。
基本はノータッチ。
wp-admin/ WordPressで使用する管理画面用のPHPプログラム。
基本はノータッチ。
wp-content/ WordPressで使用する、コンテンツに関するデータを格納しているところ。直接触る機会があるところとしては、このディレクトリのみ。
languages/ 言語サポート用ファイル。基本的にはノータッチ
upgrade/ アップグレード時のファイル。基本的にはノータッチ
themes/ テーマや子テーマが格納されている。
バックアップしておいた方が良い。
plugins/ プラグインが格納されている。
バックアップしておいた方が良い。
uploads/ 各種メディア(画像,PDF,その他)が格納されている。
バックアップしておいた方が良い。

 

バックアップしておいた方が良い。と記載した部分はそのままの意味で、バックアップしておいた方が良いファイル群。後述のデータベース(MySQL)のデータと合わせてバックアップしておくことで、運用中サーバで何らかの障害が起きても、最低限、元の状態に立ち直すことができるため、万が一に備えて、必ずバックアップを取得しておこう。

 

DB(MySQL)に格納されているデータ

DB(データベース)はテキストデータを保存しておく、データの保管庫のようなもの。

wordpress-mysql

ここには、主に記事のデータが格納されている。

データベースに格納されている記事のデータ
  • 記事の文章
  • カテゴリー
  • 作成日時
  • etc

 

ここからデータを引っ張り出すことで、webサイトの画面が動的に作成されている。
本体のデータ部分なので、当然、バックアップが必要。

 

 

記事が気に入った方はシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。