SEOとは【検索エンジンとユーザ目線で考えよう】

 

本記事では、
SEOとは【検索エンジンとユーザ目線で考えよう】というテーマで記事を書く。

 

この記事で分かること
  • SEOとは一体なんなのか
  • 検索エンジンと人間目線でSEOを考えることの重要性

 

 

SEOとは

seo

SEOとは、検索エンジンで、上位表示するための方法のことだ。

検索エンジンの世界シェアはGoogleとYahooがほとんど(9割)で、
そのうちさらに、YahooはGoogleと同じ仕組みの検索エンジンを使っている。
つまり、SEO=Goolgleで検索上位表示させることと同意ということだ。

ポイント

SEOとは、実質Google検索上位に表示させるための方法のこと

 

Googleの気持ちを理解しよう

SEOが実質的にGoogleに評価されることだということが理解できたところで、
Google目線で、何を考えているのかを考えてみよう。

 

Googleはユーザーにとって良いコンテンツを表示させたい

なぜか、
Googleと言う企業は、広告費でお金をもらっている企業だから。

googleがお金を稼ぐ画像

Googleも広告でお金を稼いでいる企業である。
つまり、Googleが提供するサービスをユーザーに使ってもらえばもらうほど、Googleは広告でお金を稼ぐことができる

そのためにGoogleは、「Googleって便利、また使いたい!」とユーザに思われ、サービスをたくさんのユーザに使ってもらう必要がある。

ポイント

Googleも広告によって収益を得ている企業である。
収益を得るためには、ユーザにサービスを気に入られ、たくさん使ってもらう必要がある。

 

ではユーザに使われるために必要なことは?(Google目線)

答え:ユーザーの満足度を満たすこと。

「Googleで検索すると、いつも良いサイトが出てくるな」とか
「Googleで検索した結果、悩み、問題が解決した」とか、

ユーザがGoogleのサービスを使った結果満足できるかどうかが、サービスを再び使ってくれるかどうかの鍵となってくる。

 

ブログ記事を書く上で最重要なこと

上記を受けて、ブログ記事を書く上で最重要なこと、それは
「ユーザーにとって良いコンテンツ、役にたつコンテンツを書く」ことだ。

Googleはユーザーに満足してもらいたいので、なるべく優良サイトを検索上位に表示させたい。
良いサイトコンテンツであることが、ユーザの満足度に繋がり、イコールGoogleにとっての利益に直結するためだ。

 

SEO = 「良いコンテンツを書くこと」

詰まるところ、SEOとは「良いコンテンツを書くこと」だ。

検索エンジンの世界シェア9割を誇るGoogleに検索エンジンは、膨大なwebコンテンツの中から良いコンテンツを選別するために日々そのアルゴリズムにアップデートを重ねている。

だからブログを書く上で、人気ブログになりたいのであれば、絶対に避けては通れないのが、Googleの気持ち(=ユーザにとって良いコンテンツであるかどうか)だ。

 

じゃあ良いコンテンツって何?

良いコンテンツというとあまりにも抽象度が高いので、それが何を意味するか説明する。
結論から言うと、下記2つの目線から「良いコンテンツ」があるといえる

良いコンテンツとは
  1. Google目線の良いコンテンツ
  2. ユーザー目線の良いコンテンツ

 

①Google目線の良いコンテンツ

Googleは普段、webサイトが良いコンテンツなのかどうかの評価を、検索エンジンと呼ばれるロボットで自動的に行っている(クロールと言う)。世界中のwebサイトは数えきれないほどの量が存在するので、ロボットで自動化して行っている。

その時に、このロボットが見ているもの、それこそが、良いコンテンツであるかどうかの指標だ。

例えばどんなものを見ているかというと、下記のようなものがある。

検索エンジンがサイト評価で見ている点(例)
  • サイトのアクセス数
  • ユーザのサイトの滞在時間
  • タイトルや見出し、段落の内容

ユーザが満足できていそうかどうかという情報のありとあらゆるものは、Googleのロボットによってクロールされ、お見通しである。

この時評価している内容は、Googleの社員でもない限り、非公開情報なので、憶測でしかないのだが、SEO=Googleの評価アルゴリズムというくらい、我々が記事を書く際に重要視しないといけない点なのである。

 

ではどうすれば良いか

結論、Googleの評価基準を予想して、記事を書く。

何だよ、これだって答えないのかよって思った方は、すみません。そうとしか言いようがない。
世界中どこを探したって、この答えを知っている人はいない。

Googleの評価基準は非公開であり、かつ、評価基準の改変を数ヶ月のスパンで行っているからである。これをGoogleの「コアアップデート」とよび、今まで多くのブロガーを泣かせてきたものだ。

コアアップデートのたびに、「良いコンテンツ」の評価基準は大きく変化するため、あくまで自分たちにできることは、コアアップデートの結果から、Googleがどんな検索結果を上位表示しているのか、何が良いコンテンツと評価しているのか仮説を立てて、記事を書き、ダメなら、改善を繰り返す、と言うことしかできないのである。

ここまで書くと、「Googleのロボットの評価基準を理解するなんて、むずかしそう、絶対むり」なんて思うかもしれないが、実際はそこまで大袈裟なものでもない。

検索エンジンといえど、ロボットなので、人間のように感情で「これは良い記事だ!」と評価するわけではない。

簡単な評価基準を挙げると、次のようなものがある。

ロボットの評価基準(例)
  • 文字数が十分か
  • たくさんシェアされたり、リンクを共有されているか
  • 適切な検索キーワードが含まれているとか

わりと機械的な捉え方で「良いコンテンツ」かどうかを判断している部分も多い。
SEO対策と呼ばれるものは他の多くのブロガーの方が発信しているので、調べてみると良いだろう。

 

②ユーザー目線の良いコンテンツ

ユーザ目線の良いコンテンツは、その名の通りで、
ユーザにとって価値のある内容を書きましょうと言う話だ。

google目線の話に戻るが、google目線の場合は、変な話、内容なんて嘘っぱちで意味不明でも、機械的指標などに焦点を当てて記事を書くだけで、サイトの評価が上がってしまうと言う裏技(?)がある。

だが、そのような小手先のことはやめて、本当にユーザが読みたいな、読んで価値がある内容だったと言う記事を書きましょうと言う話だ。

例えば、このサイトはいつも穴場のレストランを紹介してくれるな、とか、このサイトの解説内容がわかりやすくいつも参考にさせてもらっている、とか、ユーザーが真に満足する内容かどうかが結局のところ一番優先させて欲しい点だ。

理由は、Googleのロボットの性能が、日々上がっているからだ。
昔はロボットの裏をついて、アクセス数を稼ぐ、みたいなことをやっていた人たちもたくさんいたのだが、Googleからすれば、このような記事は、ユーザにとって良い記事とは言えない記事だ。そして、それを防ぐためのコアアプデートも日々実施され、性能が上がってきている。

つまり、googleのロボット目線で書くのはある程度必要だけど、究極は、本当に読者が満足できるようなコンテンツを書いて、正当に評価されるwebサイトこそが最強と言うことだ。シンプルな答えだ。

ポイント
  • ロボット目線での評価ではなく、ユーザ目線で評価されるかどうかが結局一番大事だよ。
  • ロボット目線の評価の裏を突くような行為は、年々Googleのコアアップデートによって厳しくなっているよ(やっちゃダメ)。

 

終わりに

いかがだったろうか。

SEOは突き詰めれば多分、キリがないほど「こうした方が良いよ!」というのがネット上には転がっていると思う。

だが、絶対に忘れないで欲しいのが、「SEO完全に理解した!」はあり得ないということである。全ての「こうした方が良い」あくまで憶測にすぎない。

それよりも、今回メインで紹介した、企業目線(Google)ではユーザに何を求め、どんな施策を行っているのか、それに対し、自分たちは何をすべきなのかという根幹の部分を理解しておくことが、SEOとはなんたるかの道をそれないための解決策だ。

それを理解した上で、情報発信というものを続けていってもらいたい。

 

 

記事が気に入った方はシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。