(SEO) noindexタグとは・使い方など

 

SEOでよく出る、noindexタグに関するメモ。

 

noindexタグとは

noindexタグとは、検索エンジンによるインデックスを防ぐためのメタタグのこと。

<head>
    <meta name=“robots” contents=“noindex”/>
</head>

 

インデックスとは

検索エンジンが、webページを評価対象に含めること
評価対象になり、かつ評価が高くなればなるほど、検索に対して上位表示されるようになる。

search-engine-index

 

インデックスの流れ

通常、webページが検索エンジンに、良質なページとして「評価」されるまでは下記のようなステップを踏むことになる。

検索エンジンによるインデックス評価の流れ
  1. 検索エンジンによりページがクロールされる
  2. クロール結果が良ければページがインデックスされる
  3. インデックスされたものの中で検索表示の順位が決められる

 

つまり、インデックスされると言うことは、
検索エンジンによる評価対象に選ばれると言うことである。

裏を返せば、どれだけ頑張って作ったwebページでも、
インデックスをされないかぎり、SEOの評価対象にすらならないと言うことだ。

 

なぜnoindexをつける必要があるのか

noindexは上記で説明した通り、webページをインデックスから防ぐ働きをするメタタグだ。
この必要性が何かと言うと、価値の低いサイトがインデックスされてしまうことによる「サイト全体の評価を低下を防ぐため」だ。

 

価値の低いサイトとは?

webページを運用すると、多少なりとも、
「価値の低いページ」を公開しなければいけない時がある。

例えば下記のようなパターンがよく存在する。

価値の低いページ
  • コンテンツが少ないページ
  • コピペが多いページ
  • 重複コンテンツ(サイト内にある似たようなページ)があるページ

上記のパターンに当てはまるwebページは、webサイトを運営していると、少なからず発生してしまうものだ。

価値の低いサイトの例と、noindexの使い方

例えば、店舗リニューアルによる、告知のためのページを作成したとする。

その場合、コンテンツ的には、リニューアルのお知らせと、OPENの日、その他特典情報くらいだろうか、webページとしてはかなり内容の少ないページになることが予想されるだろう。

ではこのページが検索エンジンによってインデックスされてしまった場合、どうなるだろうか。

検索エンジンは、コンテンツの少ない低質なページとして評価をし、このページを保持しているサイト自体の評価までも総合的に下げてしまう事態となる。

だからと言って、無駄に不必要なコンテンツをページに盛り込むのは、返ってユーザへの利便性や分かりやすさを損ねてしまうという悪影響があるため、本末転倒だ。

ここで使うのがnoindexタグ。上記のように、webサイト運営上必要とされるが、低質なページが発生してしまう場合の解決策として、noindexタグを設定することによって、サイト評価に影響を与えず、ページを存在させることでできる

 

おまけ「All in One SEO Pack」でnoindexを指定

ワードプレスで作っているサイトなら、
「All in One SEO Pack」というプラグインを使うことで簡単にnoindexを設置することができる。

投稿編集画面の下部に、noindexを指定するチェックボックスがある

 

まとめ

 

noindexタグは、検索エンジンにインデックスされたくない、低質なページに対して設置する

noindexタグとよく混同してしまいガチな、canonicalタグというタグも存在するが、そちらに対しても記事を用意してあるので、興味があれば参考に。

 

記事が気に入った方はシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。