(SEO) 見出し・段落・改行の違い【SEOに効果的な使い分け】

 

本記事では、
見出し・段落・改行の違い【SEOに効果的な使い分け】というテーマで記事を書く。

なお本記事はワードプレスでwebサイトを作成する際の、上記の使い分け方を主として説明するものである。

 

見出し・段落・改行とは

まずは、3つの具体的な違いについて紹介する。

結論から言ってしまうとそれぞれ下記のような違いがある。

用途

ワードプレス上での挿入

HTML上のタグ

SEO的視点

使用例

見出し

ボタンより選択

<h数字>タグ

記事中の見出しを示すタグ。

h1h6まで存在し、1に近いほど大きな見出しとなり、6に近いほど小見出しとなる。

ワードプレスの記事タイトルは<h1>タグで出来ている。

<h1>見出し1</h1>
<h2>見出し2</h2>
<h3>見出し3</h3>
<h4>見出し4</h4>
<h5>見出し5</h5>
<h6>見出し6</h6>

段落

記事中で書き出してから、Enterを押すまでの範囲

<p>タグ

記事中の段落を示すタグ。
<p>~</p>で囲まれた部分が一つの段落であることを表す。

<p>この文章は一つの段落です。タイトルではなくコンテンツなどに使います。</p>

改行

記事中でShift + Enterを押した箇所

<br>タグ

記事中の改行を示すタグ。
<br>を挿入した箇所で文章を折り返す。

文章を<br>折り返します。
==実際の表示===
文章を
折り返します。

順に解説していく。

 

①見出し(<h数字>タグ)

記事中の見出しを示すタグ。
HTMLソースで記事を確認した時に、<h数字>~</h数字>で囲まれた部分が一つの見出しであることを表す。

h1〜h6まで存在し、1に近いほど大きな見出しとなり、6に近いほど小見出しとなる。
ワードプレスの記事タイトルは<h1>タグで出来ている。

ワードプレスの記事投稿画面からは、ご覧のようにボタンから挿入できる。

上述したが、ワードプレスでは、記事タイトルがデフォルトで<h1>タグなので、
記事中に<h1>タグを使用することはおすすめしない(タイトルは一つの記事に対して一つのみ)。
なので記事中の見出しに使うのは<h2>〜<h6>タグを使用すると良いだろう。

ポイント

h1タグは記事タイトルに使用されるので、記事中では使用しない。
h2~h6タグを使用する。

 

しかしながら、見出しが多すぎても自身で管理ができなくなってしまう。
そこで、概ね下記のような使いわけをすることをおすすめする。

記事中の見出し使い分け
  • <h2>タグ:記事構成のガイドライン(中見出し)
  • <h3>タグ:<h2>タグの内訳(小見出し)
  • <h4>タグ:<h3>タグの内訳(超小見出し)※めったに使わない

大体<h2>と<h3>で収まるような記事構成が理想ではないかと思う。
<h4>タグはめったに使わないが、どうしてもという時に使用するレベルで良いだろう。
<h5>、<h6>タグまでいくと、使用してダメということはないが、そこまで深く見出しを管理しなければいけない記事というのはなかなかのコンテンツ量であるか、そもそも記事を分割した方が良いんじゃないのレベルの記事だと筆者は思っている。

なので、<h2>~<h4>タグのみで収まる記事のアウトラインにするのが理想だよということをまずは理解していただきたい。

下記は筆者の記事の目次だが、実は<h2>タグと<h3>タグのみ表示する構成にしてある。

 

どうだろう、これだけで大体一記事のアウトライン(記事を読んで何が分かるか)がご理解いただけるのではないだろうか。

これは何も人間だけに限った話ではなく、SEOの観点からしても、検索エンジンに対して効果的に記事構成を伝えるという役割がある。

このように、記事の概要を人間・検索エンジン向けに伝達するのが見出しタグの役割なのである。

ポイント

見出しタグは記事構成を対人間・検索エンジンに伝える役割を持つよ

 

②段落(<p>タグ)

記事中の段落を示すタグ。
HTMLソースで記事を確認した時に、<p>~</p>で囲まれた部分が一つの段落であることを表す。

ワードプレスでは、ボタンから段落を選択することができる(デフォルト値)。
段落は「Enterキー」を押したところや、見出しを挿入したところまでが一つの段落となるので覚えておこう。

段落で気をつけて欲しいのは、次に紹介する「改行」のつもりで段落を挿入しないで欲しいということだ。

どういうことかというと、単純にEnterだけを押すと、ご覧のように、見た目上は「改行」をしているように見える。

 

しかし、実はこれ、改行ではなく「段落が2個」の状態になっている。

段落というのは、それ一つで意味のまとまった意味を持つセクションを示すものだ。そのため、改行のつもりでEnterを押した場合、本来一つの段落にしたいセクションを、意味の分からないポイントでぶつ切りにすることになり、それぞれ段落となってしまったセクション一つ一つの文章が、意味不明な内容になってしまう。これはSEO的によろしくない。

なので、改行のつもりで誤って段落を挿入しないということをぜひ覚えておいて欲しい。

ポイント

改行のつもりで誤って段落を挿入しない

 

③改行(<br>タグ)

記事中の改行を示すタグ。
HTMLソースで記事を確認した時に、<br>タグを挿入した箇所で文章を折り返す

ワードプレスでは、段落中などでShiftキー + Enterキーを押すことで、改行を挿入することができる。

改行の何が良いかというと、
段落などの意味のまとまりを崩さないまま、レイアウトのみを調節できる点だ。

上記段落の際にも紹介したが、改行のつもりで誤って段落を挿入してしまうと、意味のわからない文章構成となってしまう。かと言って、文章の見た目上、絶対にこのタイミングで折り返したい!という箇所が必ず発生してくる。

その時に、Shiftキー + Enterキーで改行を挿入することで、段落などの意味のまとまりを崩さないまま、レイアウトのみを調整可能となる。

逆を言えば、本来段落として分割したいポイントで、段落のつもりで改行を挿入してもダメだということだ。

 

上記を使い分けるとなぜ良いのか

seo

上記を使い分けるメリットは、結論からいうと、SEOのためだ。
もっと詳細にいうと、検索エンジンに正しく記事の情報を伝達するためだ。

 

検索エンジンに正しく記事の情報を伝達するとは

検索エンジンとは、日々我々のwebサイトを訪れて、どんなサイトなのか評価をしてくれているロボットのことだ。

この検索エンジンは人間のようにサイトを見た目の分かりやすさで判断しているわけではなく、HTMLソースそのものを解析して、サイト構成や文章内容が適切かどうかなどを判断している。

つまり、何が言いたいかというと、見出し、段落、改行は、見た目には似ているが、ロボット目線では全く異なる役割を持ったものなので、適切に使い分けることが重要だということだ。

これを知らずに文章をむやみやたらに書き続けても、SEO評価が伸びず、いつまで経っても検索上位に表示されないという事態になってしまう。

ポイント

見出し、段落、改行は、見た目には似ているが、ロボット目線では全く異なる役割を持ったものである。

 

 

終わりに

いかがだったろうか

見出し・段落・改行は似て全く異なるものだということがご理解いただけただろうか。

具体的な使い分けは最初は難しいと思うが、慣れてくると自然とできるようになるし、将来より良い文章構成のサイトの作成にもつながってくるので、ぜひ早くから本記事の内容を頭に入れてブログ運営に取り組んで欲しい。

 

 

記事が気に入った方はシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。