WordPressのインストール方法(さくらのレンタルサーバ)

本記事では、
「さくらのレンタルサーバ」に WordPress をインストールする手順について解説する。

前提として、
さくらのレンタルサーバを契約し、
ドメインを取得するところまで完了
しているものとする。

 

 

 

その前に、ワードプレスとは?

ワードプレスとは、簡単に言うと、
ブログを書くためのソフトウェアのこと。

より深く、ワードプレスが何かってことが知りたい人のために、
下記記事も作成しておいたので、興味があればぜひ参考にして欲しい(読み飛ばしOK)。

 

WordPressのインストール方法

では本題に入る。

まず最初に、さくらのレンタルサーバ”のサーバコントロールパネルへログイン。

https://secure.sakura.ad.jp/rs/cp/


画面に表示されている、「WordPressのインストール」をクリック。

WordPress のインストールを行う画面が表示される。

 

データベースを作成する

最初に WordPress で使用するデータベースを作成する。
データベースとは、データの保管庫のようなものであり、
WordPressで作った記事データはこのデータベースに格納されていくこととなる。

「利用データベース」の右側にある「データベース作成」をクリックする。

データベースの新規作成画面が表示される。

 

「データベース名」と「データベース接続用パスワード」を入力する。
データベースバージョンとデータベース文字コードはデフォルトのままでも大丈夫。

最後に「同意する」にチェックをし、「作成する」をクリック。

これで新しいデータベースが作成される。

作成後に元の画面に戻ると、
「利用データベース」、「データベースパスワード」に、
それぞれ先ほど作成したデータが入力されている。

 

ドメイン選択とインストール先ディレクトリ選択

次に使用するドメインを選択する。
「ドメイン選択」と書かれたドロップダウンメニューをクリックする。

表示された中から、使用するドメインを選択する。

続いてインストールするディレクトリを選択する。
が、特に理由がないとか、そもそもディレクトリって何って方は、
ルートドメイン直下にインストールする設定(チェック不要)でOK。

 

インストールの実行

「ライセンス・利用規約に同意する」にチェックをし、「作成する」をクリックする。

これでWordPress のインストールが完了。

インストールされたWordPressの情報を確認する場合は、
「Webサイト/データ」→「インストール済み一覧」の順にクリック

一覧に、インストール済みのWordPressの情報が表示されていればOK。

 

WordPressの初期設定を行う

続いてWordPress の初期設定を行う。

インストール時に選択したドメインの URL へアクセスする。
例)https://hara-chan.com

するとWordPress の初期設定画面が表示される。

「サイトのタイトル」「ユーザー名」「パスワード」「メールアドレス」を入力し、
入力が終わったら「WordPressをインストール」をクリックする。

次のように表示されれば WordPress のインストールおよび初期設定は完了。

 

WordPressへログインし、ブログを表示する

WordPress へログインするには、
「ブログURL/wp-login.php」へアクセスする。
例)https://hara-chan.com/wp-login.php

下記のような表示がされていればOK。

初期設定の時に指定したユーザー名とパスワードを入力し、
その後で「ログイン」をクリック。

ログインが完了し、下記のような管理画面が表示される。
以下の管理画面は、今後ブログを書く際に毎回使用することとなる。

 

WordPress のインストールが完了した時点でブログが作成し公開されている
ブログの URL へアクセスする。

例)https://hara-chan.com

 

WordPress で作成したブログが表示された。

以上が、「さくらのレンタルサーバ」に WordPress をインストールする手順。
お疲れ様でした。

記事が気に入った方はシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。