(価格と性能◎)【さくらのレンタルサーバ一】 が初心者のブログ開設に最適な理由

 

ブログを始めようと思ったものの、レンタルサーバー選びに悩んでいる人は、
さくらのレンタルサーバ スタンダードを選ぶことをお勧めする。

 

国内トップシェアのレンタルサーバ会社の中でも、さくらのレンタルサーバの上記プランが、
一番ブログ初心者に良心的で、かつ、失敗のない選択肢だと考えている。

と言うのも、無料のブログサービス以外でブログを始めようと思った時に、
初心者の方が最初につまづくポイントが、「レンタルサーバの選び方」だと思う。

 

レンタルサーバ選びの悩みポイント
  • 数が多すぎて選べない
  • 値段もバラバラでどれが妥当か分からない
  • 機能に違いってあるの
  • そもそもサーバって何

 

と言うふうに、意外と初心者の方には悩ましいポイントがたくさんあると感じる
(実際筆者も最初はそうだった)

せっかくやる気が出たのに難しそうで出鼻を挫かれる思いだ。

なのでブログを始めたいけどサーバ選びで悩んでいる方が悩まないように、
さくらのレンタルサーバ スタンダードを契約することを強くお勧めする。

ちなみに筆者のこのブログもずっと上記プラン

 

最初にネタバレしてしまうと、下記のような理由からお勧めする。

さくらのレンタルサーバ/スタンダードプランがお勧めな理由
  1. 安い(月500円台)
  2. 安いけど機能は十分(ディスク容量100GB)
  3. ブログを始めやすいようサービスが整っている(ドメイン取得、ワードプレス導入)

 

簡単にまとめると、
「必要なスペックを全て備えたレンタルサーバの中で、コスパが抜群」
なのがさくらのレンタルサーバの特徴だ。

「サーバのことよく分かんないけど失敗したくないから最低限のスペックは欲しい、だからと言って必要以上のお金は払いたくない」

と考える方は多いと思うので、もしそうだったらこの記事は絶対い役に立つので見て欲しい。順に説明していこう

 

そもそもサーバって何(読み飛ばしOK)

what-is-server

まずは「そもそもサーバって何?なんで必要なの?」って人も多いかと思う。
なので簡単に説明する、分かる人は読み飛ばしてもらってOK

 

サーバは、ブログを世界に公開するためのコンピュータ

サーバはあなたのブログを置いて、世界に公開するためのコンピュータのことだ。
サーバにブログを置いておくことで、世界中の人が24時間、いつでもインターネットを介してあなたのブログにアクセスできる。

 

で、このサーバは、自分で用意するものではなく、レンタルするのが一般的だ。

レンタルと言ってもサーバを物理的に借りるわけではなく、
インターネットに公開するあなたのサーバ領域を、レンタルサーバ会社が用意してくれるだけだ。

難しい話だと思うのでよく分からないと言う人は、
「ブログを置いておくためのコンピュータ」くらいの認識でOKだ。

サーバに関しては下記記事にて説明しているので、参考までにどうぞ。

 

さくらのレンタルサーバが初心者にお勧めの理由

 

さて本題に入る。
ここからはなぜさくらのレンタルサーバが初心者にお勧めなのかについて順に説明していく。

 

理由①安い(月500円台)

筆者が今回お勧めする、さくらのレンタルサーバ スタンダードは、
月々の契約料金が500円台とめちゃめちゃ良心的だ。ラーメン一杯より安い

人気他社との比較をしても一目瞭然だ

レンタルサーバー会社

料金(月々)

mixhost(ミックスホスト)

880

XSERVER(エックスサーバー)

900

さくらのレンタルサーバー

524(スタンダードプラン)

 

ブログを始める頃は「始めたいけど続くか不安」と思うだろうし、
できれば必要以上のお金はかけたくないと言うのが本音だろう

500円くらいなら何かあっても「しょうがない」と思える値段ではないだろうか

 

理由②安いけど機能は十分(ディスク容量100GB)

500円と聞くと「機能的には問題ないの?」と考える人もおられると思う。

後述するが、結論を言うとその心配は「ない」。
と言うか、ブログ初心者には十分すぎるくらいだ、その理由を説明する

 

■容量

容量はディスク容量のことで、現在スタンダードプランでは100GBの容量が提供されている。

これがどのくらいかピンとこないと思うので、筆者の実績を紹介すると、この記事を書いている時点で94記事ほど投稿しているが、4GBほどしか消費していない。

単純計算だと、100GB使い切るのにあと2300記事くらい書かないといけない計算になる。まあそのくらいにディスク要領はあるんだくらいに思っていただければOK。

(※記事数に対する消費量はあくまで目安です、コンテンツによる)

■性能面

性能に関する結論としては、「申し分ない」
性能と言うのは、具体的に言うと、下記のようなコンピュータ的な性能の部分のこと。

 

コンピュータ的な性能の部分
  • CPU
  • メモリ
  • 転送量
  • SSD

 

さくらのレンタルサーバーの性能は、エックスサーバー、mixhostなどの人気レンタルサーバと比較しても、ほぼ遜色ない。すなわち、値段が倍近く違うのにスペックがほぼ同一なら、さくら一択だろう。

まあでも一点劣るとしたら、webサイトの表示速度だろうか、
エックスサーバー、mixhostなどのサーバに比べてwebサイトの表示速度が遅いらしい。

※「らしい」と書いたのがポイントで、じゃあ「さくらは遅いの?」と聞かれれば、決してそんなことはない。エックスサーバー、mixhostなどのサーバがTOPで早いので、それに比べたら遅いと言う話。

違いとしても「コンマ数秒〜長くても1、2秒の違い」の世界の話で、厳密に測定できないレベルの話だ。

結論としては、初心者がブログを始めるのに、お金をかけるほどこだわりを持つポイントではないと思っている。

 

■その他の嬉しいサービス

その他の嬉しいサービス
  • バックアップ&ステージング機能(無料)
  • さくらのSSL(無料あり)

バックアップはその名の通り、バックアップ機能のこと。
サーバ内に置いてあるデータをまるっとバックアップしてくれるサービスだ。
ステージング機能とはテスト環境作成のことなので、今は知る必要は無いかも。

SSLは割と重要で、サイトの安全性を保証する機能だと思ってくれれば良い
必須と言う訳では無いが、ユーザ心理的に、安全なサイトを訪れたいと思うものなので、
こちらの機能が備わっているのも、ありがたい。

 

理由③ブログを始めやすいようサービスが整っている

具体的にレンタルサーバのサービスでチェックすべき点は下記の2点だけだ

ブログを始めやすいかのサービス2点
  • ドメインの取得・設置がきるかどうか
  • ワードプレスの導入ができるかどうか

 

筆者はこの両方が簡単にできるサーバが、使いやすいサーバだと考えている。
だってどちらもブログ開設に必須なことなのに、初心者には少々難しいことだからだ。
この点を解決してくれているサーバー会社は、ありがたい。

さくらのレンタルサーバでは上記の両方を、サービスとして管理画面から簡単に行うことができる。初心者にお勧めする理由だ。

 

■(さくらのレンタルサーバー)ドメインの取得画面

 

■(さくらのレンタルサーバー)ワードプレスのインストール画面

正直この二つを最初に済ませてしまえば、それ以外でいじる部分は、ほぼない。
ここまで済んでしまえば、あとはワードプレスにログインして、ひたすら記事を書くだけだ

 

まとめ

 

さくらのレンタルサーバ/スタンダードプランがお勧めな理由
  1. 安い(月500円台)
  2. 安いけど機能は十分(ディスク容量100GB)
  3. ブログを始めやすいようサービスが整っている(ドメイン取得、ワードプレス導入)

まあ色々と論理立てて書いてきたが、筆者が最も危惧することは、
深く考えすぎて結局行動に移せない(ブログを書かない)ことだと考えている。

気にいらなければサーバ移行なんて後からできるし、きっと悩むくらいになっているころは、
色々と知識も増え、ブロガーとして自立していることでしょう。

だからまずは始めること、行動に移すこと、これが大事。
共感された方はぜひ、下記リンクを貼っておきますので、
さくらのレンタルサーバでブログを初めて見てください



 

その他、自分がワードプレスを始めるときに参考にした教本は下記。
ワードプレスの重要機能について、画面キャプチャを用いて説明してくれているので、
完全初心者でも大変読みやすく、スムーズに記事作成に入ることができたのでお勧めの一冊。

いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応 人気講師が教える本格Webサイトの作り方 「いちばんやさしい教本」シリーズ

新品価格
¥1,564から
(2020/6/22 21:15時点)

 

快適なブログライフを願ってます!

 

 

記事が気に入った方はシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。